賞味期限と消費期限の違い 誰が何を根拠に決めているの?

食べ物を買うと表示されている賞味期限、消費期限。これは、加工された食品にはこの【期限】を表示することが義務付けられています。(すべての物ではありません)

でも、賞味期限と消費期限の違いって一体何なの?どんな違いがあるの?と疑問に思いますよね。

今日は賞味期限と消費期限の違い、どんなものにどんな理由で表示されているのかお伝えいたいと思います。

スポンサードリンク

賞味期限と消費期限の違いは?

賞味期限=その日付まではおいしく食べられる
(この日付を過ぎたら、すぐに食べられないと言う事ではない)
決められた方法によって保存された場合、その期間内であれば品質の保持が十分に可能であると認められる。

消費期限=この日付を過ぎたら、食べない方が良い
決められたに方法によって保存された場合、品質の安全性に問題が出ることがないと認められる期間。

賞味期限と消費期限の定義

賞味期限
レトルト食品、ハム・ソーセージ、冷凍食品、即席めん類、缶詰やスナック菓子のように品質が落ちるのが比較的ゆるやかな食品に対して、包装状態のまま正しい保存方法で保存された場合、品質が十分に保持される期限(おいしく食べられる期限)を示しています。
※長期保存(3ヶ月以上)できるものでは年月で表示されている場合もあります。缶詰やレトルト食品など

消費期限
弁当、惣菜、豆腐、生菓子類、サンドイッチ、生めん等、品質が落ちるのが早い生鮮的な食品に表示されています。製造日を含めおおむね5日以内に品質の低下や劣化が認められる食品は消費期限で表示されています。

スポンサードリンク

賞味期限と消費期限は誰が何を根拠に決めているの?

賞味期限や消費期限の意味、定義は分かった!じゃあ、それって誰が決めているの?と疑問に思いますよね。それを決めるのは、その食品一番良く知っている人と言う事で、製造業者、加工業者、販売業者さんなんだそうです。

え?それって大丈夫なの??って思いますよね(^^;)

ですが、次の3つの検査と

・微生物試験(菌の繁殖を調べる)
・理化学試験(色や酸化、濁り粘りなどを調べる)
・官能試験等(実際に食べてニオイ、味、食感を調べる)

「他社の類似品を参考に決める方法」などが取られている場合もあります。
商品開発などの知識を含め、さまざまな角度から期限は設定されていますし、各食品メーカーが設定する安全とされる期限は通常の半分、3分の1程度、とも言われています。

また、私たち消費者も賞味期限や消費期限の設定期間が長いと不安やその商品に対しての印象がマイナスになると言う現実があるようです。

ちなみに。。。。。
加工されていない食品に表示義務はないので、野菜やお米には付けられていません。

まとめ

食品の品質保持期限などの業務に関わっている方でも、安全性を提供するのとは裏腹に食品のロスに心を痛めているそう。とは言え、賞味期限や消費期限に関係なく、開封したものは早めに食べきるようにしましょうとアナウンスされているので、妊娠中に「賞味期限(消費期限)切れの物を食べてしまった!おなかの赤ちゃんに影響はないかしら?と心配するくらいなら、設定された期限を守って食べた方が気持ち的には良いですね。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る