妊婦の足首捻挫に湿布貼っていいの?OK湿布とNG湿布とは?

妊娠中は、日ごとに大きくなるお腹に動きが制限されてしまいますよね。気を付けていたつもりなのに、足首を捻挫。「でも、妊婦って湿布を貼っちゃいけないって聞いたことがあるけど。。。?」と言う方も多いのではないでしょうか。

今日は、妊婦さんが使っていい湿布薬、ダメな湿布薬などをお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

妊婦が足首を捻挫したら湿布を貼ってもいいの?

「妊婦は湿布を使ってはいけない」「貼り薬・塗り薬だから問題ない」と、お医者さんによっても考え方は様々なようです(^^;)
ですが、2014年に厚生労働省は「妊娠後期の使用を禁止する」と湿布薬に対して一部改訂を行いました。

改訂がされた湿布薬とその成分は?

ケトプロフェン
モーラステープ他
インドメタシン
新パテックス、バンテリンコーワ他
ボルタレン(ジクロフェナクナトリウム)
ボルタレンACテープ、フェイタスZシップ他

これらの強力な消炎鎮痛剤は、血管の収縮作用があるため赤ちゃんの血液の流れを悪くすると言う事から、特に妊娠後期での使用は禁止されました。

スポンサードリンク

お腹の赤ちゃんにはどんな影響があるの?


・動脈管閉鎖
 赤ちゃんには、動脈管という重要な血管があり、その血管が閉じると心臓が止まります。
・動脈管収縮
 赤ちゃんの動脈管が狭くなる。収縮する。
・羊水が少なくなる

実際に、赤ちゃんの突然死、心臓の停止、肺高血圧症など症例が報告されています。

妊婦さんでも使える湿布は?

第3類医薬品の外用消炎鎮痛剤なら、使用しても問題がないとされています。
具体的には、アンメルツヨコヨコ、サロンパスA、サロンパスローション、パテックスうすぴたシップ、腰痛パテックス、医療用のMS冷湿布などがあります。

ちなみに、第2類医薬品の外用消炎鎮痛剤は、妊婦さんが使用できる湿布と出来ない湿布があります。
※第3類医薬品の湿布と名前が似ているものもあるので注意が必要です。

第1類医薬品の外用消炎鎮痛剤は、妊娠中は使用できません。

まとめ

捻挫、神経痛や腰痛などの痛みを抑える塗り薬や湿布薬は経皮吸収剤と呼ばれるもので、有効成分が皮膚から血液に吸収されます。やはり自己判断で使用せず、産婦人科の先生に相談したうえで使用する方が安全です。

大量に貼らなければ問題ないと言われていますが、知らずに妊娠初期に使用してしまった!と言う場合も気になるようなら健診の時に先生に聞いてみましょう。

捻挫した時は、アイシングでかなり症状が緩和されます。湿布だけを考えずに、まずは「冷やす」ということをしてみて下さいね。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る