ラグビー観戦デートの服装と持ち物!マナーやルールもご紹介

デートにラグビー観戦に誘われた!でもラグビー観戦ってどんな服装で行けばいいの?持ち物や観戦する時のマナーは?

今日はラグビー観戦にデートで初めて行く時の服装やあると便利な持ち物 マナーや簡単なルールをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ラグビー観戦の服装は?

ラグビー観戦と言えば冬。可愛らしい服装をしたいと言う女性の気持ちとは裏腹に男性側からはシビアな意見も。男性はどのように思っているのでしょうか。

  • スカートでも女性らしくていいと思う。
  • 観戦しながら横を見れば可愛いらしい彼女。テンション上がる。スカートでもぜんぜん大丈夫!
  • ヒールやミニスカートは浮いているような気がする。
  • スポーツ観戦にスカート&ブーツはありえない。
  • デニムやパンツにスニーカー
  • カジュアルで動きやすい可愛い感じの服装
  • 気合入りすぎの服装は引く。場所をわきまえていない
  • などやはり個々によって意見は様々。その中でも統一的な意見は「ミニスカートはやめた方が良い」と言うことでした。スタジアムの階段はけっこう急なので男性側は気を使うようです。

    スカートをはくならエレガンス系やヒラヒラは避けてひざ丈。デニールの高いタイツで足が透けないようにする。パンプスを合わせるならヒールの低いものを選ぶと無難かも。

    彼はスポーツ観戦にスカートはNG派か?OK派か?好みをよーく考えてチョイスしてくださいね。

    ラグビー観戦での持ち物は?

    何といっても防寒具。

  • ひざ掛け2枚(座布団とひざ掛け)
  • タオル(小さめのハンドタオルでもOK)
  • レッグウォーマー
  • 帽子・手袋・マフラー
  • イヤーウォーマー(耳あて)
  •  
    他にもあると便利なのが

  • ポンチョ風のレインコート(お天気と要相談)
  • 使い捨てカイロ
  • ゴミ袋
  • 双眼鏡
  • 寒いので着込まないと大変ですがモコモコになってしまうので暖かいインナーを上手に利用しましょう。ポンチョ風のレインコートは100均でも売っています。破れても惜しくないので私はこれを利用することが多いです(^^;)

    便利なのは大きめのゴミ袋。雨が降ったらバッグなど荷物を入れたり首と手が出せるように穴を開ければ簡易ポンチョとしても使えます。デートでは。。。。恥ずかしいですかね?(笑)

    タオルはイスが汚れている時に拭くため。せっかくのデートなのに洋服のお尻が汚れたりしないように持って行ってくださいね。

    スポンサードリンク

    ラグビー観戦のマナー

    一般的に考えて「迷惑だな」ということをしなければ大丈夫。

    例えば、応援に鳴り物(笛など)はダメ。

  • うるさすぎる声援。
  • ヤジ。
  • レフリーへのブーイング。
  • 相手チームへの誹謗中傷。
  • 写真のフラッシュも迷惑になる場合があるのでやめておきましょう。

    ラグビーの基本ルール

    試合を楽しむためにはルールを知っていると良いのですがルールには関しては細かいものもあるので簡単には覚えにくいかもしれません。基本は陣取り合戦です。

    1. ボールを前に落としてはいけない(ノックオン)
    2. ボールを前に投げてはいけない(スローフォワード)
    3. 前にいる味方に接触する(アクシデンタルオフサイド)

    これらの反則があるとスクラムとなります。

    得点方法は次の通り。

    トライ5点
    攻撃側がボールを相手側のインゴールに持ち込み地面に着ける。
    ペナルティトライ5点
    相手チームの反則がなければほぼ間違いなくトライが得られていたと認められた時に与えられるトライ。
    コンバージョンゴール2点
    トライ後、トライした側のチームがゴールキックを成功させた場合。
    ペナルティゴール3点
    ペナルティキックを得た際、そのキックでゴールキックを成功させた場合。
    ドロップゴール3点
    プレー中、ドロップキック(地面にバウンドさせたボールを蹴る)によってゴールキックを成功させた場合。

    ラグビーはたまに何のファウルか分からない時もあります(^^;)あまりルールにとらわれず楽しんでください。分からない場合は彼に聞いてみて下さいね。

    あとがき

    ラグビー観戦のデートは寒さとの闘い。防寒対策をしっかりとして出かけて下さい。
    関連記事:サッカー観戦デート服のおすすめと注意点!弁当&持ち物の知恵

    スポンサードリンク

    関連記事

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. 2016年 8月 27日

    ページ上部へ戻る