加湿器のフィルターのお掃除法 クエン酸と熱湯でにおいにさよなら

加湿器のフィルターって、少し放っておいただけで
雑巾のような酸っぱいにおいがしてきちゃうんですよね~。

においがしてくると、もう水洗いでは全く落ちないんです(/_;)

そこで、今回は私がいつもやっている
加湿器のフィルターのお掃除方法をご紹介します(^^♪

本当に臭いがなくなるので、おすすめですよ~!

スポンサードリンク

加湿器のフィルターのお掃除 クエン酸を使った方法

加湿器から出る雑巾のようなにおいの原因はモラクセラ菌のフン。
別の記事で詳しくご紹介しています。

この菌は、乾燥や天日干しは効果がないのですが、
熱湯を使用することで菌を死滅させることができます。

そしてクエン酸には、フィルターにこびりついた水垢やカルキを落とす効果が。

その両方を同時に行うことで、
フィルターにこびりついた嫌なにおいが根こそぎ取れるというわけです!

それでは、その手順をご紹介しますね(^^♪

用意するもの

フィルターが浸かる大きさの洗い桶
クエン酸
熱湯
台所用洗剤

ミヨシ 暮らしのクエン酸 330g

ミヨシ 暮らしのクエン酸 330g
価格:232円(税込、送料別)

クエン酸はかんきつ類やサツマイモ等のでんぷんで作られています。

抗菌作用もあり、水垢汚れにてきめんに効果があるので
安心なのに汚れ落ちがよく、ほかのお掃除にも使用できておすすめです(^^)/

加湿器のフィルターを外す

加湿部分のトレーを外し、フィルターを外します。
ほかの部品も外せるところは外してしまいましょう。

うちにあるのはSHARPの加湿空気清浄機。
フィルターは分解できない仕様になっています。

他の、ナノイーなどの製品ではフィルターを分解して洗える物もあるので
取扱説明書を良くご覧になってください(^^;)

表面の汚れを落とす

フィルターは力を入れずに水ですすぎ洗いをします。

トレー部分にはぬるっとした水垢がつきやすいので、
台所用洗剤を使ってきれいに洗います。

細かい場所は使い古しの歯ブラシなどをつかうと良く落ちます(^^♪

加湿フィルターをつけ置きする

熱湯4リットルに対して大さじ2杯ほどのクエン酸を洗い桶に準備し、
フィルターをつけ置きします。

そのまま2時間~4時間ほどつけ置きします。

そのあとクエン酸が残らないようにしっかりすすいで完了です♪

つけ置き後のにおいは?

お掃除前は雑巾のような酸っぱいにおい。

鼻をつまみたくなるようなにおいがフィルターからしていたのですが、
お掃除後はなんのにおいもしなくなります。

本当に、無臭!という感じで驚きますよ~(^-^)

あとは、フィルターをトレーに戻して本体にセットしたらお手入れ終了です。
とってもお手軽に嫌なにおいがすっきり取れますよ♪

スポンサードリンク

さいごに

うちでは加湿器がフル稼働なので
1か月に1回ほどの頻度でお手入れをしています。

クエン酸を使用する前は、
洗っても1週間ほどでにおいが少ししてきていたのですが、
クエン酸つけ置きをするようになってからは
1か月たっても雑巾臭がしてこないようになってきました(^^♪

においを発生させないためにはこまめなお手入れも必須ですね。

加湿運転を使用しない時期はトレーやタンクの水を捨て、
フィルターをお手入れしてから加湿を切る方が良いそうですよ(^^)/

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る