妊婦が賞味期限切れ卵OK?サルモネラ菌の胎児への影響は?

卵は鮮度が大切!的なイメージがあるので、賞味期限が切れた卵って食べても大丈夫なの?と少し不安になりますよね。

特に妊婦さんなどは、気になるのではないでしょうか。

今日は、賞味期限が切れた卵は食べても大丈夫なの?サルモネラ菌の赤ちゃん(胎児)への影響は?などをお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

卵の賞味期限切れ いつまで大丈夫?

まず、スーパーなどで買って来た卵に付けられている賞味期限は「生で食べる場合」の期限です。これは、サルモネラ菌の繁殖が起こらない期間と考えられ、卵の流通期間や保存状態によっても変わってきますが、以下の時期の平均気温などから各メーカーが「安全に生で食べられる期限」としてこの日数の範囲内で決められています。


夏 期 7~9月      採卵後 16 日以内
春秋期 4~6月、10~11月  採卵後 25 日以内 
冬 期 12~3月      採卵後 57 日以内

ちなみに【産卵日+2日以内】の店頭出荷が目安となっているそうです。

じゃあ、賞味期限が切れた卵は具体的にいつまで大丈夫なの?と言う事ですが、某メーカーさんによると冷蔵庫に保管されている状態で賞味期限を過ぎたら10日後くらい、と考えて下さいとのことです。

あとは、お皿に割ってみて

・卵の黄身が崩れていないか?
・白身の色に変化がないか?

なども判断基準だそうです。

ですが、調理師さんなどの話では10度以下(冷蔵庫などで)の保存で「1ヶ月は持つ」との意見が多かったです。

賞味期限切れた卵の料理方法は?

ゆで卵、目玉焼き、卵焼きなどにして、しっかりと中まで加熱して食べましょう^^
半熟で食べたいなら、やはり賞味期限内の料理が安心ですね。

卵のサルモネラ菌って妊婦へは影響ないの?

サルモネラ菌に汚染された卵の検出率は、0.03%程度(4千個に1個くらい)。また仮にあったとしても、菌の数は数個程度と言われています。感染した場合、下痢や嘔吐などの症状が現れます。ですが、卵は良質なたんぱく源であり、妊娠中に必要な栄養成分やミネラル、ビタミンA、ビタミンB、などが含まれている妊婦さんにとっては、とっても頼もしい食べ物。

万が一、サルモネラ菌に汚染された卵を食べても、直接胎児に影響することはありません。あまり神経質にならずに、積極的に食べて下さいね。

また、次のことには注意しましょう。

・冷蔵庫(10℃以下)で保存する
・生食は賞味期限内に食べる
・新鮮で殻にひび割れのないもの

スポンサードリンク

やっぱり、心配。。。。と言う妊婦さんは、加熱して食べるのがおすすめです。

あとがき

妊娠中に卵を食べると赤ちゃんがアレルギーになると言う話もよく聞きますが、医学的な根拠はないそう。「じゃあ、卵は体にいいのね!」と、そればかり食べるのは禁物。何でもそうですが特に妊婦さんは、色々な食材をバランスよく食べることの方が大切です。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る