お尻の奥が痛い!もしかして子宮内膜症?理由と私の体験談

いきなりお尻の奥が「ズキーン」と痛むことはありませんか?
痔でもないのにお尻の奥の激痛に、汗をかくほど。

恥ずかしい場所なのでなかなか人に相談できない事ですが、
実は女性の場合、子宮系の病気が隠れていることもあるのです。

私が痛みを感じてから病院へ行き検査をした結果や、
婦人科の先生から教えていただいたお話
をまとめましたので
ぜひご覧になってください。

スポンサードリンク

お尻の奥が痛い!それって子宮内膜症の可能性も

お尻の奥が痛むと、痔や腸の炎症?などと思いがちですが
子宮に原因がある場合もお尻の奥が傷むことがあるようです。

子宮内膜症や、子宮が炎症を起こしていると、
場所によっては腸に触ってしまいお尻の奥に痛みが響くのだとか。

女性の場合、お尻の奥の痛みが実は子宮内膜症だった!
ということが結構多いみたいなんです!

子宮内膜症とは

本来子宮の内側にしか存在しないはずの子宮内膜が、
子宮以外の場所で増えたり剥がれたりを繰り返してしまう病気です。

子宮内膜はふつう毎月の生理で体の外に排出されますが、
子宮以外の場所で増えた内膜はその場にとどまってしまうため、
炎症や痛み、癒着などの原因になるそうです。

子宮内膜症の自覚症状には個人差が大きくあり、
初期の段階でも痛みがひどい人や、全く感じない場合も。
また癒着の場所によって痛む場所も変わります。

子宮内膜症は近年女性に増えている病気ですが、
それ自体が命にかかわるような病気ではありません。

ですが一度なってしまうと、閉経(生理が止まる)まで
コントロールしながら付き合っていく必要のある病気です。

お尻の奥の痛みがなぜ子宮につながるのか

子宮と腸はとても近くにあるので、
痛みがどちらなのか自分で判断しずらい場合があるようです。

また、子宮内膜症の場合、内膜が直腸の近くに溜まり、
癒着を起こしてしまう事で直腸自体が痛む場合もあります。

毎月の生理痛が年々ひどくなっているという人で
お尻の奥が痛む場合には、最初に子宮内膜症を疑うべきだと、
婦人科の先生はおっしゃっていました。

子宮内膜症セルフチェック表

□生理痛が年々ひどくなっている
□性交痛がある
□排便時などに肛門の奥が痛む
□生理以外のときの下腹部の鈍痛
□生理のとき、吐き気やめまいがする
□生理のとき、痛み止めを飲んでもおさまらない
□生理のときに飲む痛み止めの量が増えてきている
□妊娠を望んでいるが2年以上妊娠しない

一つでも心当たりがある方は、
一度婦人科に相談してみることをおすすめします。

スポンサードリンク

お尻の奥が痛い…私の体験談

恥ずかしいですが、私の体験談を書いておきます。
少しでも参考になれば…(^^;)

私が体験した痛みについて

その痛みは夕方ごろにいきなり襲ってきました。

お尻の奥が「ズキーーーン」と痛み出し、
ううっ…とうずくまったまま動けなくなってしまったのです。

私は痔や肛門の病気にかかったことはありません。
でも、これはもしや痔かもしれない…と恥ずかしながら思いました。

動こうとすると痛くて、座ることもできずに立ちっぱなしで
前かがみになって汗をかいていたところで家族が気付いてくれて、
救急車を呼ぼうとしてくれたのですが…。

「恥ずかしくてお尻の奥が痛いなんて言えない」

これがその時の正直な私の気持ちでした(笑)

でも恥ずかしさよりも強烈な痛みが勝ってしまったので、
素直に事を話して救急車を呼んでもらったのでした…。

その時の旦那の複雑な表情を、
私はこの先忘れることはないでしょう…(-_-;)笑

救急車での対応について

お尻にポリープか何かができてしまったのかと思っていた私は、
救急隊員さんにもお尻の奥の痛みを訴えました。

その時救急隊員さんとこのような会話をしました。

「現在妊娠の可能性はありますか?」
→いいえ。

「以前子宮内膜症にかかったことはありますか?」
→いいえ。

「空いている婦人科を探しますね」
→婦人科…?

この時、子宮内膜症と言われたことにとても驚きましたが、
この隊員さんは勘違いしているのだと思いました…。

私が痛いのはお尻の奥なの…子宮じゃないのよ…。

ですが痛みでうなることが精いっぱいだった私は、
そのまま婦人科へ救急搬送されたのでした…。

検査結果と先生からのお言葉

婦人科に搬送された私の痛がりようをみて、
すぐに看護婦さんが痛み止めを点滴してくれました。

先生から、子宮内膜症になると、腸に触れてしまって
肛門の奥が痛むことが多くあるのだ、と説明を受けました。

なので子宮内膜症の検査をします。と言われたのです。

子宮内膜症…この時初めてその言葉に驚きました。
名前は聞いたことあるけど…どんな病気なんだろう。
こんなにも痛いのだからとても大きな病気なのかもしれない…。

と、不安な気持ちでいっぱいになりました。
妊娠検査をして、内診とエコーでの検査をし、結果を待ちます。

「子宮内膜症では無さそうです。大丈夫ですね(^^)」

え!なーんだ!良かった驚いたー!
でもめちゃめちゃ痛いけど…それはなんでなの?(^^;)

「子宮内膜症ではないですが、子宮内膜炎ですね。
子宮内膜が細菌感染して炎症を起こしていると思われます。
卵巣にも広がっているみたいですね。
詳しいことは血液検査と細菌の検査をしてみましょうね。」

…とのことで、私は子宮内膜が細菌感染で炎症を起こしていたため
それが腸に伝わり、お尻の奥が傷むように感じたみたいです(^^;)

その後の痛みについて

翌日にもう一度病院へ行き、血液検査と細菌検査をして、
1週間分の抗生物質と痛み止めを処方されて帰宅しました。

お尻の奥の痛みは3日程続きましたが、
抗生物質を飲んだ2日後には動けるほどに回復しました。

今回私は細菌感染で炎症を起こしていただけだったので、
抗生物質を飲むだけで症状が治ったのでよかったです。

今回の事で、痛みがあったらすぐに婦人科にかかり
検査することの重要さを痛感しました…。(本当に痛かった…。)

最後に

今回私は子宮内膜症ではありませんでしたが、
子宮に原因があってもお尻の奥や背中が痛むことで
子宮だと気づかずに発見が遅れてしまう事もあるようなので、
女性の場合はすぐに婦人科にかかる事をおすすめします。

内膜症は生理のたびに症状が進行してしまうので
受診を先延ばしにしてはいけないようです。

恥ずかしい私の体験談でしたが、
少しでも皆さんのお役に立てれば光栄です(^^;)

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る