賞味期限切れの納豆はダメ?白い粒の正体と白い表面の違いは?

賞味期限の切れてしまった納豆。。。。。

知らずに食べてしまったけど少しくらいなら過ぎていても平気??

特に妊婦さんにとっては、とっても気になるところですよね。

今日は、賞味期限切れの納豆は食べても大丈夫?どんな状態はダメなの?など賞味期限の切れた納豆についてお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

賞味期限切れの納豆っていつまで食べられるの?

そもそも納豆って腐っているのに、どうして賞味期限があるの?なんて思っていましたが(^^;)。。。。

納豆は発酵食品であって、腐っていると言う表現とは別物だそう。体に害のある物を「腐敗」人間にとって有益な菌は「発酵」と言います。

賞味期限が切れた納豆がいつまで食べられるか?は、もちろん腐っていなければ食べられると思いますが、保存の状態や好みにもよるので、一概には言えません。

納豆が腐るとどうなる?
納豆菌以外の雑菌が入ると、水っぽくなったり、まったく糸を引かなくなったり、カビが発生したりします。
納豆が臭い
納豆の再発酵が行われると強いアンモニア臭が発生します。
こちらは、「パワー納豆」と呼ばれ、この状態の納豆を好んで食べると言う人もいるそうです。

賞味期限切れの納豆に出来る白い粒の正体は?

これは、大豆が納豆菌によって分解されるときに出来る「チロシン」というアミノ酸の結晶。やはり、発酵が進んだり再発酵が行われるとでてくる粒々なので、新鮮な納豆(?)とは言えないかもしれませんね。

ですが、こちらも常温で2~3時間置いてしまったなど保存状態によっては発酵が進み、賞味期限内でも「チロシン」が出る場合があります。

食べても特に害はないとされていますが、ザラザラとした舌触りが苦手な方は加熱して食べるなどの工夫をおすすめします。

スポンサードリンク

表面の白い納豆は新鮮!?

納豆の表面が白くなっているものは「被り」と言われる納豆菌の菌層。「チロシン」の白いブツブツとは違います。美味しい良く仕上がった納豆に現れるものなので、安心して食べて下さいね^^

あとがき

「パワー納豆」を好むユーザーがいるくらいなので、賞味期限を過ぎたからと言って、すぐに食べられない、食べたら下痢を起こす、と言うワケではありませんが、適度な発酵の納豆を美味しい状態で食べられるとして設定されたのが賞味期限です。守って食べた方が、通常の納豆ユーザーには、良いかもしれませんね。

特に妊娠中は、「いつもだったら平気なのに~><」と言うことも、体力が落ちているためNGな場合もあります。せっかくメーカーで「美味しいよ」と教えてくれている期間なのですから、そのうちに食べきりましょう。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る