夏休み子供が喜ぶ昼食の作り置き!働くお母さんアイディア5選☆

夏休みが始まりましたね。普段は給食に頼り切り・・・ですが、夏休みとなればそうはいきません。特に働くお母さんにとっては、大問題ですよね。

前日の夕食を使い回し、朝簡単にアレンジして、お昼はレンチンだけ♪
火を使わないから危なくない、栄養たっぷり、なおかつ子供も嬉しいお昼ごはんのアイディアをご紹介いたします!

スポンサードリンク

豚肉と野菜のあんかけ丼または野菜たっぷりラーメン

●前日の献立例
冷しゃぶ、蒸し野菜
豚肉と野菜の中華炒め

●朝の準備
前日の豚肉、野菜に火を通し、水+中華スープの素+片栗粉であんかけにし、
深めのお皿に盛りつける。
ご飯またはインスタントラーメンを準備する。

●子供がお昼にすること
あんかけをレンジでチンする。
盛り付けたご飯またはお湯を注いだラーメンにあんかけをかける。

トマトドリア風

●前日の献立例
チキンのトマト煮込み
ラタトゥイユ

●朝の準備
グラタン皿にご飯を盛り付け、トマト煮込み又はラタトゥイユ、とろけるチーズを乗せる。
別添えでサラダやフルーツ和えなどを準備しておく。

●子供がお昼にすること
グラタン皿をレンジでチンする。
サラダまたはフルーツ和えと一緒に食べる。

ロコモコ丼

●前日の献立例
ハンバーグ

●朝の準備
目玉焼きを作って、ハンバーグと一緒に盛り付ける。
別添えでサラダを作っておく。
丼皿を準備しておく。

●子供がお昼にすること
目玉焼き&ハンバーグをレンジでチンする。
丼皿にご飯を盛り付け、ハンバーグ、目玉焼き、サラダを乗せる。

冷やし中華

●前日の準備
冷やし中華の具材、流水麺を準備しておく。
※流水麺とは、水でほぐすだけですぐに食べられる麺のことです。

●朝の準備
冷やし中華の具材を一皿に盛っておく。
流水麺とともに冷蔵庫に置いておく。

●子供がお昼にすること
流水麺を水でほぐし、水気を切って皿に盛る。
冷やし中華の具材を盛り付け、スープをかける。

オープンサンド

●前日の準備
パン、サンドイッチに使う具材の準備
具材の例:卵サラダ、ポテトサラダ、ツナサラダ、ハム、トマト、きゅうり

●朝の準備
パン、サンドイッチに使う具材を皿に彩りよく盛り付ける。
あれば別添えでスープを準備する。

●子供がお昼にすること
トースターを使える子どもならパンを焼く。
パンに、好きな具材を乗せて食べる。

お好み焼き、焼きそば、カレー、チャーハン

この4品は定番、かつ鉄板ですね☆
●朝の準備
子どもがレンチンできる状態に作り上げておく

●子供がお昼にすること
レンジでチンする

あると便利な裏ワザグッズ

夏休みの子供たちの昼食にあると便利なものは、仕切りのあるプレートです。

ワンプレートなので、冷蔵庫から子供も出しやすく、
なおかつ一皿なので何を食べればよいか子供たちにも一目瞭然。
一皿にまとまっていてインパクトもあり、まるでカフェ風ランチのように演出できます。

これさえあれば、地味になりがちなお総菜だって、目新しく感じられますよ。

取り出してレンジでチンできるよう、
温める必要があるものは小皿に盛って、仕切りプレートに乗せておきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。
働くママにとって、時短で仕上げることは何より大切。
でも長い夏休みだから、いつもお弁当ばかりじゃ子供たちもつまらない・・・
子供たちにも少しだけ作る喜びを味わわせてあげつつ、栄養価も考えつつ、
そして何より子供たちが嬉しいメニューであれば最高ですね。
少しでも楽に、そして何より楽しく、子供たちのお昼ご飯を準備してあげてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る