冷え性に靴下は5本指ソックスで重ね履き!ポイントとおすすめ商品

冬が近づくと、冷え性でお悩みの方には
とてもつらい季節となりますよね。

足が冷えてなかなか眠れないというのは
疲れも取れず、体調を崩しやすくなります。

寒さ対策のために靴下をはく場合が多いですが、
間違った履き方をすると冷えが増してしまう事もあるのです。

そこで今回は、
冷え性に効果的な5本指ソックスについて、
5本指は恥ずかしい女性におすすめなもの、
靴下を重ね履きする際のポイントや、
私が良かった商品もご紹介していきますので
是非参考にしてくださいね♪

スポンサードリンク

冷え性に靴下ではやはり5本指ソックス

足は人間の体で一番冷えやすい部分ですので、
そこを温めることは一時的にとても効果があります。

ですが、締め付けの強い靴下を履いてしまうと
血行が悪くなって余計冷えを助長してしまう事も。

また、ふわふわもこもこの靴下はとても肌触りが良く
暖かいと感じるので好んで履いている方が多いですが、
実は足の指先に汗をかきやすく、
その汗が足先の冷えにつながってしまう事もあるのです。

そこで私が実際に使っている、
冷え対策におすすめな靴下をご紹介します。

冷え性におすすめ!5本指ソックス

五本指ソックスは足の指を1本1本包み込み、
指先が自由に動かせるのが特徴です。

指の隙間にかいた汗も吸い取ってくれるので
指先だけが冷えてしまう事もありませんし、
足の指がバラバラに動くことで
血行も良くなってとても暖かく感じることができます。

足の中でも指先は特に冷えやすく、
感覚がなくなるほどに冷えてしまうと
眠れないほどつらくなる場合も多いですので、
足先から温めてくれる5本指ソックスは
足の冷え性対策にとてもおすすめです。

また、普通の靴下の場合
脱いだ後すぐに足の体温が下がりますが、
五本指ソックスは
脱いだ後でも体温が上昇するという検証結果も出ています。

それほど、5本指ソックスは普通の靴下に比べて
血行促進や保温効果が期待できるのです。

5本指は恥ずかしい女性におすすめなハーフタイプ

5本指ソックスはその見た目から、
オジサンぽくて恥ずかしい、という理由で
女性にはなかなか試しにくい部分がありますよね。

そこでおすすめなのが、五本指ハーフソックスです。

こちらは、5本指ソックスがまさに半分になっているもの。
つま先だけなので、これを履いた上に普通の靴下を履くことで、
五本指ソックスを履いていることがバレず、
恥ずかしくないので女性にとても人気となっています。

冷え性で靴下を重ね履きする際のポイント

単に靴下を何重にも重ね履きするだけでは、
足の冷えが取れず、より血流が悪くなってしまい
逆効果になってしまう場合があります。

靴下の重ね履きはいくつかのポイントを抑えることで
とても効果が高まりますので、
おすすめの素材や履く順番などをご紹介します。

・きつい靴下を選ばない

血流が悪くなり足を余計に冷やしてしまうので、
ふくらはぎのゴム部分に締め付けのない物を選びましょう。

・2つの素材と5本指ソックスを使用する

「絹」と「天然素材」を使用した靴下に、
5本指ソックスを重ね履きすることで
それぞれの持つ効果を最大限に引き出すことができます

・「絹」と「天然素材」を交互に履く

絹と天然素材を交互に履いていくことで、
保温効果やデトックス効果が高まります。

おすすめは、
絹の5本指ソックスの上からコットンの靴下を履くことです。
それでも冷えが取れない場合は、
また絹、コットンと重ね履きすることも可能です。

スポンサードリンク

冷え性での靴下 5本指ソックスのおすすめ商品

5本指ソックスや天然素材の重ね履き法をご紹介しましたが、
最後に私のおすすめな5本指ソックス商品をご紹介します。

私が実際に使ってみて効果があると感じた
5本指ソックスです。

5本指ハーフソックスもいいですね。

重ね履きで効果抜群なセット販売の
人気の冷え取り5本指ソックスセットはこちら

中でも一番下の重ね履きセットはとても保温効果が高く、
デトックスにも効果的ですのでぜひおすすめです!

まとめ

冷え性対策におすすめな5本指ソックスをご紹介しました。

5本指ソックスを履くことで足元の冷えが改善され、
デトックス効果も期待できるとは驚きですよね。

ですが、冷え性対策に靴下を履くことは
じつは一時的な効果しかありません。
根本的に冷え症を対策するには、食生活がとても重要になります。

足元のつらい冷えは靴下で改善し、
体内からも食べ物で体を温めると効果的ですよ。

冷え性対策に効果的な食べ物については
こちらで詳しくご紹介していますので
合わせてごらんになってみてくださいね♪

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る