ノロウイルス予防手指消毒法!塩素やアルコールより次亜塩素酸?

大流行が懸念されるノロウィルス。子供の学校でも「いきなり吐いた!」と言う子が出てきていてとても心配です。予防は手洗いうがいを徹底する事と言うのは分かっているけど子供はキチンと手洗いができているかどうか心配になりますよね。

もっとしっかり予防できる手指の消毒液はないの?アルコールが効かないなら何で消毒をすればいいの?

同じように不安を感じている方も多いのではないでしょうか。今日はノロウイルス予防の手指消毒についてお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

ノロウイルスの予防には塩素?

ノロウイルスの殺菌には「次亜塩素酸ナトリウム」が有効と言われていますがこれは一般家庭にある塩素系漂白剤のハイターなどに含まれている成分です。

嘔吐物やトイレ衣服食器の消毒は出来ますが手指の消毒にはむきません。

強アルカリ性であるため除菌は出来ても肌荒れや身体への影響が気になります。

ノロウイルスは、主に経口感染により感染します。

感染者がしっかりと手洗い除菌をしていない状態で触れた食品調理品からも感染するので外からの感染はもちろん家族間で二次感染を予防するためにも基本の手洗いうがいに加え手指の消毒はしっかりしたいですよね。

ノロウイルス予防には次亜塩素酸水?

「次亜塩素酸ナトリウム」と間違えられやすいのですが「次亜塩素酸水」はまったく違うものです。

「次亜塩素酸水」には強酸性次亜塩素酸水と弱酸性次亜塩素酸水の2種類あり厚生労働省では食品添加物として認めている成分です。ノロウイルスなどに対する次亜塩素酸ナトリウムと同じ以上の高い殺菌効果と人の健康を損なう恐れが無い食品添加と言う安全性から注目が集まっています。

次亜塩素酸水を空気中に噴霧することで浮遊菌やウイルスを不活性化させることができます。

次亜塩素酸水は歯周病や虫歯菌の死滅、花粉症、食中毒の一般的な細菌(サルモネラ菌 大腸菌)インフルエンザ、カビ類、ボツリヌス菌、HIVなどにも効果があると言われています。

さまざまなメーカーから次亜塩素酸水を謳った除菌スプレーが販売されているので目にすることも多くここまでくると「じゃあ家にも欲しいわ」と思いますが次亜塩素酸水は医薬品、医薬部外品ではありません。

次亜塩素酸水は除菌を目的とした薬事上の承認を受けていない雑品に分類されます。雑品の品質はメーカーの社内規格によって定められており成分や含量も各メーカーの独自な判断に委ねられています。

手指の消毒に使用するのは使用する側の自己判断によるところが大きいとも言えます。

次亜塩素酸水の選び方

次亜塩素酸水は光や空気、周囲温度、容器成分の影響で普通の水に戻ってしまいます。光、空気を遮断したパッケージで販売されていないものは初期の濃度を維持していない水に近いものになってしまっている可能性もあります。

購入する際はパッケージにも注意してください。

濃度も大切です。次亜塩素酸水の濃度は「ppm」で表示されています。50ppm、100ppm、200ppmなど様々な濃度の次亜塩素酸水が販売されていますが目安として100ppm以上のものを選ぶのがおすすめです。濃度が濃ければ薄めて使用することも出来ます。

上記のことから雑品である次亜塩素酸水に「用途:手指の消毒」などと明記があるものは薬事法違反です。次亜塩素酸水と付ければ売れるというメーカーにも気を付けたいところです。

スポンサードリンク

ノロウイルス予防にアルコール消毒は効かないの?

ノロウイルスはインフルエンザウイルスのようにエンベローブと言う脂質から成っている膜がないためその膜をアルコールで溶かしたり破壊することが出来ないと言う理由からノロウイルスにアルコール消毒は効果がないと言われてきました。

これにはノロウイルスは人の腸内で繁殖するため人のノロウイルスを使った実験が出来ずネコカリシウイルス(同科ヴェジウイルス属)を代替ウイルスとして各種薬剤の試験が行われてきました。

近年では培養可能なマウスのノロウイルス(より人のノロウイルスに近い)を用いた実験が行われておりその結果アルコール消毒も有効であるとの考えが出てきました。

アルコール消毒の効果についてはまだまだ様々な議論がされていますが手洗いでウイルスを落とした後アルコール消毒を組み合わせると効果的だとする意見もあります。

あとがき

次亜塩素酸水は実際にママ友が空間除菌や便座などの除菌として使っていて「ここしばらくノロウイルスとは無縁」といっていました。アルコール消毒液はドラッグストアなどでも簡単に手に入りますしこちらの方が馴染みがありますよね。次亜塩素酸水とアルコール消毒のどちらが効果があるのかではなくどちらも一緒に使った方が良いというのが今回感じた感想です。

上手に使ってしっかりとノロウイルスから身を守りたいですね。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る