乾燥肌の原因と対策!防ぐ食べ物は?ぬるま湯洗顔がいいの?

冬が近づいてくると、特に気になってくるのが「乾燥肌」の悩みではないでしょうか?

私自身、冬が近づいてくると顔や全身の乾燥に悩まされます・・。

そこで今回は、乾燥肌の原因と予防対策、乾燥肌に効果が期待できる食べ物や洗顔方法について、体験を交えてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

【乾燥肌の原因と対策は?】

お肌が乾燥してしまうのには、様々な原因があります。
最も考えられる理由としては、空気の乾燥です。

特に、秋から冬にかけては空気が乾燥してきます。

それに伴い、お肌も乾燥しやすくなってしまうのです・・・。

加湿器を使用したり、濡れたタオルを部屋に干すなど湿度を保つようにしてみてください。

その他にも、乾燥の原因はたくさんあります。

・間違ったスキンケア・

洗顔方法1つ変えるだけで、お肌を守ることも出来ます。(後に詳しくお伝えします^^)

保湿する際も、化粧水よりも乳液をたっぷり塗っている方が多いのではないでしょうか?

乳液は化粧水が逃げてしまわない役割がありますが、大切なのは化粧水をたっぷり!!浸透させることなのです。

ですから、化粧水を手でゆっくりと浸透させてから、適量の乳液で閉じ込めてあげるように意識してみてください^^

・間違った入浴法・

体を洗う際に、ナイロンのタオルでゴシゴシ擦っていませんか?

お肌にとっての大敵は「摩擦」と「刺激」です。

洗う際はしっかり泡を立てて、手で優しく洗うことが良いでしょう。
お湯の温度も大切です。

42℃以上は皮脂を取ってしまうので良くありません。
洗い方や温度に気を付けてみてください^^

・生活習慣・

エアコンのかけすぎや、喫煙、ストレス、睡眠不足などの生活習慣によってもお肌は乾燥してしまいます。

仕事場でエアコンがかかっている場合などは、どうしても避けられないですよね・・。

出来る限り、お肌に当たる部分を減らす、自宅では極力かけないなど、
少し意識を変えてみて下さい。

睡眠不足やストレスは、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

そうすると、お肌のターンオーバーが正常にされなくなってしまい乾燥に原因になります。

喫煙をすることで、有害物質を体内に運び、活性酸素を発生させてしまいます。

活性酸素が増えると、コラーゲンの減少や老化促進させてしまい、乾燥の原因になるのです。

・老化・

お肌の乾燥の原因として、「セラミド」という成分の減少があります。

残念ながら、セラミドは老化と共に減っていくため、年齢を重ねるごとに乾燥しやすくなるのです。

・食生活・

健康なお肌のためには、栄養が必要です。

栄養が不足してしまうと、新陳代謝の低下や、ターンオーバーが正常にされなくなり乾燥を引き起こしてしまいます。

乾燥予防に効果的な食材や栄養素を知り、積極的に取り入れていきましょう^^

【乾燥肌を防ぐ食べ物は?】

先ほどお伝えしたように、栄養不足が乾燥肌の原因になってしまいます。

ですから、意識して効果的な食材を日々、取り入れていく必要があります。

お肌や体は「タンパク質」から合成されています。

タンパク質が不足すると、ターンオーバーが遅れてしまい、乾燥の原因になるので意識して取り入れましょう。

・卵

タンパク質、ビタミンAが豊富です。

・肉や魚(鶏肉、サーモン、サバなど)

肉や魚に含まれるゼラチン質には、コラーゲンがたっぷり!
特に皮の部分に多く含まれています。

・乳製品(牛乳、チーズ、ヨーグルトなど)

タンパク質、セラミド、脂質など、お肌に良い栄養素がバランスよく含まれています。

・緑黄色野菜(かぼちゃ、ニンジン、ブロッコリーなど)

各種ビタミン、カロテンが豊富に含まれています。

・果物(リンゴ、オレンジ、キウイなど)

保湿力の高いビタミンAやCが豊富です。

午前中に食べると美肌、保湿力がアップします。
ヨーグルトと合わせると効果がさらにアップするのでおすすめです^^

・ナッツ類

ビタミンB、E群が豊富で、保湿維持に効果的です。

もちろん食べ過ぎには注意が必要ですが、上手に取り入れて乾燥予防に役立ててください。

・はちみつ

ビタミンB2,B6、Cが豊富に含まれていて、保湿作用があります。
体内からもしっかり効果を発揮してくれます。

このように乾燥肌に効果的な食材を、まずは知ること。

そして、工夫して取り入れていくことで、体の中から乾燥予防をしていきましょう^^

スポンサードリンク

【乾燥肌にはぬるま湯での洗顔が効果的?!】

洗顔の方法を変えるだけで、乾燥肌が改善されるなんて本当?!と思いますよね。

実は、私自身、そう思っていました。

乾燥肌で悩んでいた私は、騙されたと思って試してみよう!!と思い、朝の洗顔はぬるま湯のみで洗うことにしました。

洗顔のやりすぎは、必要な皮脂まで落としてしまい逆効果です。

朝は、夜の洗顔をしっかりしていれば汚れは溜まっていません。
ですから、洗顔料を使わなくても良いのです。

ポイントは水の温度です。

32~36℃の「ぬるま湯」で洗い流すことが乾燥をしないための大きなポイントです。

ぬるま湯で洗うことで、バリア機能を壊さず、適度な皮脂を残すことができます。

私は、ぬるま湯で洗い流して、「ティッシュペーパーで抑えながら」水分を取ります。

タオルで拭くと、摩擦と刺激を与えてしまうので、顔を拭く時はタオルを使いません!
この方法は、本当にオススメです!

夜は、クレンジングをして、しっかりお化粧や汚れを落とします。
(クレンジングシートは摩擦が激しい為、オススメできません。)

クレンジングの後、たっぷりの泡で洗います。

泡をたっぷり作ることで、お肌への摩擦を減らすのです。
この時も、温度は「ぬるま湯」で洗ってくださいね^^

このように洗顔方法を変えてから、乾燥肌の私にはとても効果がありました^^

お肌の質が変わったような気がします。
ぜひ、試してみてください★

【おわりに・・・】

乾燥肌の原因を知ることで、予防対策の方法が見えてきます。

そして、実践していくことで、乾燥肌での悩みが減っていけば嬉しいですよね^^

これからの時期は特に乾燥しやすくなりますので、ぜひ、参考にしてみてください^^

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る