真夏のお弁当対策!向かないおかずと傷みにくいおかずや便利グッズをご紹介

真夏のお弁当。暑い時期、傷みが気になりますね。どんな対策をすれば傷みにくくできるのでしょうか。
食中毒を防ぐコツ、避けたほうがよいおかず、傷みにくくする便利グッズをまとめてみました。

スポンサードリンク

真夏のお弁当対策 食中毒を防ぐこつ

真夏のお弁当、お弁当を傷みにくくするためには、
どんな点に注意すればよいのでしょうか。
食中毒を避けるために注意したい点をまとめました。

保冷剤や保冷効果のある食材を取り入れる

食中毒の原因となる菌が好むのは、20~30度の温度。

このため、保冷剤や保冷剤代わりに凍らせたゼリーを一緒に入れるなどお弁当そのものの温度を上げない工夫が効果的となります。
別容器に入れた凍らせた果物をお弁当と一緒にしておいてもよいでしょう。

このとき果物から水分が出るので、お弁当の中に入れることは避けます。

できるだけ冷えた場所で保管する

可能であれば冷蔵庫で保管したいところですが、そうはいかない場合も多いかと思います。

保冷バッグに入れる、日陰で保管するなど、食べるまでの間の保管場所にも気をつけましょう。

冷めてから詰める

おかずやご飯が冷めていないうちに詰めると、蒸気がこもって水滴ができ、細菌が繁殖しやすくなります。しっかり冷まして、ふたを閉めましょう。

加熱した後に手を触れない

食べやすく小さく切り分けたいものは、加熱前に切っておきましょう。
お弁当に詰める時も手を使わず菜箸で入れるようにします。

おにぎりはラップで握るようにし、直接食材に触れないようにします。

手には細菌がたくさん付いています。

お弁当箱は清潔に保つ

ふたの溝やパッキンなど、細かな部分まで清潔に保たれているでしょうか。

詰める前に熱湯や漂白剤で除菌し、清潔に保ちましょう。

ご飯はお酢を入れて炊く

ご飯は最も傷みにくい白米がおすすめです。

その白米にも、炊くときに一工夫を。

お米3合に対して小さじ1杯のお酢を入れて炊きあげます。
お酢の持つ抗菌作用により、ご飯が傷みにくくなります。

おかずはしっかり仕切って詰める

違うおかずが接すると、温度や水分の影響で傷みやすくなる場合があります。

カップなどを使って仕切って詰めましょう。生野菜で仕切ることは避けます。

殺菌効果のある食材を上手く使う

梅干し、酢、ショウガ、シソ、レモン、カレー粉などのスパイスなど、殺菌効果のある食材を取り入れ、傷みにくいおかずを作る工夫を取り入れましょう。

真夏のお弁当に向かないおかず

次に、真夏のお弁当のおかずとして、傷みやすいおかずは
どんなおかずなのでしょうか。

具体的に見ていきましょう。

十分に火が通っていないもの

たらこ、明太子
・生ものなので、入れる場合はしっかり火を通す

卵焼き
・中が半熟だと菌が繁殖しやすい。入れる場合はしっかり火を通して濃いめの味付けで。

ちくわ、かまぼこ、ハム、ソーセージ
・生で食べられるからと手軽に切って入れがちだが、雑菌が繁殖しやすい。

炒める、煮るなど火を通して入れる工夫を。

ミニトマトやレタスなどの生野菜
・ミニトマトはへたの部分から傷む。おかずの下に敷くレタスに付いている水分にも気をつけたい。

水分が多く含まれるもの

ポテトサラダ
・じゃがいも自体も傷みやすく、マヨネーズも傷みやすい。

きゅうりなどから水分が多く出ることもあり、梅雨時期不向きなおかず。

マカロニサラダ
・ポテトサラダと同様の理由で避けたいおかず
豆腐、厚揚げ

・厚揚げの煮物など、やはり水分が多いため傷みに気をつけたいおかずとなる

マヨネーズ和え
・マヨネーズで和えたものは傷みやすい。マヨネーズの原料に生卵が含まれることと和えた食材から水分が滲み出て、細菌が繁殖しやすくなる。

ブロッコリー、茹でほうれん草
・茹で汁にあまり塩分を含まないので、ペーパータオルなどでしっかり水気を切って濃いめの味付けで入れる工夫が必要

味付けが薄いもの

炊き込みご飯
・具材の水分や栄養分が含まれ、塩分濃度もさほど高くないことから、傷みが早いことで知られるおかず。入れるのは避けましょう。

味付けの薄い煮物
・水分が多いものは基本的に傷みやすい。入れるなら、しっかり味付けして水分を飛ばしたものを。

お弁当のおかず 傷みにくいおかずとは

基本的には傷みやすいおかずの逆が、傷みにくいおかずとなります。

生ものはしっかり火を通す

食中毒を引き起こす細菌のほとんどは熱に弱く、75度以上で1分以上加熱することで死滅します。肉や魚はもちろん、卵、たらこ、ハム・ソーセージ、ちくわ・かまぼこなどうっかり生で入れがちなおかずもしっかり火を通して入れましょう。

水分はしっかり取る

細菌は水気を多く含むものを好みます。蒸気から発生する水滴はもちろんのこと、おかずから出てくる水分にも気を配りましょう。

汁気の多いおかずは火を通して水分を飛ばす、ブロッコリーやほうれん草などのゆで野菜はペーパータオルでしっかり水気を切る、ごまや鰹節を使って水分を吸わせる、などの工夫でしっかり水分を切りましょう。

おかずの仕切りにレタスを使うと、おかずの塩気でレタスから水分が出ますし、彩りに便利なミニトマトもへたの部分から傷みますので、この時期は入れるのを避けましょう。

やや濃いめの味付けにする

塩には抗菌作用がありますので、やや濃いめの味付けのものを入れると傷みにくくなります。

作りおいたおかずは再加熱する

前日などに作りおいたおかずにも注意しましょう。
当日の朝、電子レンジなどで再加熱して、しっかり冷ましてから詰めましょう。

スポンサードリンク

真夏のお弁当箱やおすすめ便利グッズ

真夏のお弁当を傷みにくくするためのお弁当箱や、
便利グッズをご紹介いたしますね。

保冷バッグ+保冷剤

最もオーソドックスな方法かもしれませんね。

お弁当箱に保冷剤を乗せ、保冷バッグで保管します。
ともかくお弁当の温度を上げないことが大切です。

抗菌シート

できあがったお弁当の上に抗菌シートをのせ、そのままふたをするだけ!

わさびやからしの抽出成分を練り込んでいるので
雑菌の繁殖を防いでくれますよ。

ランチジャー

保温用の弁当箱をそのまま真夏にも利用してみましょう。

たとえば、冷たい麺類を入れるなど、冷たいまま食べられる容器として使ってみてくださいね。

冬場は温かい物をそのまま温かく保温できるので便利なランチジャーですが、夏場のお弁当はどのようにすればよいのでしょうか。

サーモスや象印のオフィシャルサイトでは夏場に使用しても大丈夫とされているようです。

ただし、直射日光の当たる場所や車の中など高温になる場所での保管は避けること、腐敗しやすいおかずを避けるなどといった条件付きのようですのでやはり傷みにくくする対策を行った上で、ランチジャーを使いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

真夏のお弁当を傷みにくくするコツをご紹介いたしました。

しっかり加熱し、できるだけ触らず(雑菌をつけず)、保管中に温度を上げない3大ポイントです。

安全なお弁当作りのご参考になりましたら、幸いです。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る