赤ちゃんが夜に咳をする時の対処法&咳で起きたときの工夫は?

昼間はそうでなくても、夜になると赤ちゃんが咳をする時ってあると思います。
風邪を引いていれば咳も出ますが、風邪も引いていないのに咳が出ていると
尚更心配にもなるのが親心というものです。

私も赤ちゃんを持つママの一人ですが、咳のせいで寝苦しそうな赤ちゃんを
見ていると辛くなり、どうにかしてあげたいと思います。

夜中に咳で赤ちゃんが起きてしまったりすると、ママもゆっくり休めず悪循環ですよね。

なので今回は、
赤ちゃんが夜に咳をする時の対処法や咳で起きたときの工夫をご紹介します。

スポンサードリンク

赤ちゃんが夜に咳をする時の対処法

赤ちゃんが夜に咳をした場合どうしてあげると、赤ちゃんは咳をせずに眠れるのでしょうか?

①鼻水をとってあげる

これが一番大切です。
咳をする原因でもある鼻水をしっかり取ってあげないと、根本的な解決にはなりませんよね。

なかなか奥の方まで鼻水をしっかり取ってあげるのは難しいので、私も苦手なのですが、
鼻水を取ってあげる吸引機が販売されているので、便利グッツを使うのもオススメですよ。

ママ鼻水トッテ[吸引器 鼻水対策]

ママ鼻水トッテ[吸引器 鼻水対策]
価格:818円(税込、送料別)

②部屋を乾燥させない

乾燥からくる咳は加湿がとっても大事です。
お家に加湿器があればつかってあげましょう。

私は家に加湿器が無く、加湿器があっても、子供が倒して怪我をすると嫌なので、どうやって加湿するか悩んでいた時、
近くのドラッグストアの薬剤師さんに教えてもらった方法が、
濡れたバスタオルを二枚程、部屋にハンガーなどでぶらせげておく方法。

乾いてきたらまた濡らして・・を繰り返さなくてはいけませんが、
加湿器が無くても、赤ちゃんを乾燥から守る事が出来ます。

お金もかからない上に、加湿器の掃除や、カビが生えて加湿器から放出される
心配も無く、我が家ではこの方法を採用しています。

風邪を引いて咳をしている時にも使えるので、便利でかなりオススメです!!

この方法を試したら、私の赤ちゃんも夜に咳をしなくなりました。
ほんと、加湿って大事です。

スポンサードリンク

赤ちゃんが夜に咳で起きてしまったら

赤ちゃんが夜に咳で起きてしまった場合は、お茶や湯冷ましを飲ませてあげると
喉に溜まった鼻水や痰が流されて咳が出にくくなりますよ。

また、1歳を過ぎている赤ちゃん限定ですが、ハチミツをお湯に溶かして冷ました物
を飲ませてあげるのも効果的です!!

ハチミツは、スーパーなどで手軽に購入出来ますが、ビンの裏の成分表をよーく見て下さい。
100%ハチミツならOKですが、ハチミツによってはハチミツと水飴が混じっている物があります。

100%ハチミツの方が赤ちゃんの口に入るのに安心ですし、喉への効果も高いです。

赤ちゃんが夜に咳が出た時の便利アイテム

6か月を過ぎた赤ちゃんにしか使えませんが、オススメなのは
「塗る風邪薬」が売り文句の〈ヴィックスヴェポラップ〉です。

赤ちゃんの胸に塗ってあげるだけなので使用方法も簡単です。

成分が蒸気になって、その蒸気を吸い込み呼吸が楽になり、
また、血行も良くなるという2つの効能があって、赤ちゃんの鼻詰まりを軽減してくれます。

私の赤ちゃんには使った事は無いのですが、
私自身が子供の頃に良く塗ってもらいました。

スースーして驚くくらい鼻詰まりと咳が楽になったのを覚えています。

ただ、効能は素晴らしい物ですが、特融のスースー感に赤ちゃんが嫌がってしまう
可能性もありすので一度試してから使用すると安心ですね。

6か月以上の赤ちゃんなら使用して大丈夫なので、咳がひどい時は
使ってみるのもオススメですよ!!

大正製薬 ヴィックスヴェポラップ ビン 100g

大正製薬 ヴィックスヴェポラップ ビン 100g
価格:1,728円(税込、送料別)

赤ちゃんが夜に咳をするのはどうして?

赤ちゃんが夜に咳をするのは、自律神経の一種である副交感神経が関係しています。
副交感神経は、緊張を緩めるのですが、夜寝る際は喉や鼻などの粘膜も
緊張が緩まってしまうので、身体に溜まっていた鼻水や痰が喉に流れて来てしまいます。

なので、その鼻水や痰を出そうとして、赤ちゃんが夜に咳をしてしまうのです。

また、部屋が乾燥している為に咳をする赤ちゃんもいます。
冬場は特に空気が乾燥するし、エアコンなどの暖房器具でさらに乾燥するので要注意です。

おわりに

赤ちゃんが夜に咳をしていたら心配ですよね。
でもこれできっと赤ちゃんの夜の咳も良くなる事間違い無しです。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る