冷え性を食べ物で改善するには?食べ物や飲み物のおすすめやレシピは?

寒さが身に染みるこの季節、
冷え性にお困りの方はとても多いですよね。
私も毎年寒くなると、手足の冷えに悩む一人です。

靴下を履いたり、お風呂に長く浸かったりなど
外から体を温める事もとても重要ですが、
実は食事や飲み物で体の中から温めることが
冷え性にはとても効果的なのです!

そこで今回は、
冷え性は食べ物で改善できるということ
冷え性に効果的な食べ物や飲み物
おすすめのレシピについて
詳しくご説明していきます♪

スポンサードリンク

冷え性は食べ物で改善しましょう♪

冷えは手足だけのものと思われがちですが、
実は体内の温度が下がっていることが大きな原因なのです。

どれだけ体の外から温めてもその効果は一時的で、
体の中から温めなければ冷え性は改善はされないのだとか。

私もいつも外から温める事ばかり考えていましたが、
なかなか冷えが取れない理由はそこだったようです^^;

食べ物からエネルギーを吸収して
体の中から温めていくことを≪食養生≫と呼びます。

体を温めてくれる効果の高い食品を取ることで、
冷え性のつらい悩みが徐々に改善されるのだとか。

もともと人間は自ら体を温めて
温度調節をする機能をもっていますが、
現代社会では、食生活の乱れや
冬でも夏野菜を食べられるようになったことで
その機能が低下してしまっているのだそうです。

体の中から温めてくれる食べ物で
体が持っているはずの機能を思い出させることができます。

そして、冷え性には体内温度の低下のほかに
血液の循環が悪くなることで冷えが起こる場合もあります。

体内の血流を良くする食べ物を摂取することで、
血の巡りが良くなり体が温まることも期待できるのです。

体を温める効果のある食べ物と、
血液をサラサラにする効果のある食べ物を
意識的に多く取っていくことが、
冷え性改善への大きな近道となるんですね。

冷え性に食べ物や飲み物のおすすめ

冷え性を改善する効果の高い食べ物と、
その効果についてご紹介していきます♪

体を温める食べ物

しょうが、ねぎ、にんにくなど

滋養強壮に良いと言われ風邪の時に良いとされるものは、
体の中から温める効果を持っています。

どれも生で食べるより加熱をしたり熟成、乾燥させることで
より効果が期待できると言われています。

血液をサラサラにする食べ物

にんじん、ごぼう、たまねぎなどの根菜類
天然塩や味噌、醤油などの塩分の濃い加工食品

冬野菜とされる根菜類を多くとりましょう。
にんじんには血流を促進するビタミンAやBが多く含まれており、
ごぼうに含まれる食物繊維は血流促進に効果があります。
たまねぎは発汗作用がありますのでおすすめです。

塩分の多い味噌や醤油は以外なものですが、
発酵食品は体を温める効果があります。

飲み物はココアがおすすめ

温かいココアには体温を保持する効果があることが
森永製菓の実験によってわかったそうです。

体を温め血流を良くする食べ物で温まった体温を
ココアで保持することができれば
冷え性は怖くないと言っても過言ではないですね♪

スポンサードリンク

冷え性に食べ物のレシピをご紹介

根菜たっぷりで、体の中からあったまる
豚汁のレシピをご紹介します。

冬野菜の豚汁 材料4人前

だし汁   1000ml
豚バラ肉  200g
にんじん  1/2本
ごぼう   1/2本
たまねぎ  1つ
大根    1/5本
味噌    大さじ5
しょうが  お好み
七味唐辛子 お好み

にんじんは半月、大根はいちょう切りに。
ごぼうは乱切りにして水にさらします。
玉ねぎと豚バラ肉は食べやすい大きさにカットします。

お肉を鍋で炒め、野菜もお肉の油で炒めます。
玉ねぎが半透明になったらだし汁を入れて、
アクを取り火が通るまで弱火で煮込みます。

全体に火が通ったら火を止めて、
お味噌を溶いたらあっという間に完成です♪

お好みでしょうがや七味唐辛子をプラスすると
より体が温まりやすくなるのでおすすめです

まとめ

いかがでしたか?
食べ物や飲み物で体の中から温めることで
冷え性が改善されるならとても嬉しい事ですよね。

体の冷えが気になるときは薬味や冬野菜を多くとり、
ココアで体温を保持していきましょう♪

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る