ノロウイルス予防4原則から石鹸手洗いが効果あり?マスクで防げる?

毎年、秋以降に流行り始め翌年の4月頃まで猛威を振るうノロウイルス。12月頃にはピークを迎えると言われています。我が家の幼稚園に通っていた子供たちも流行に敏感なのか(笑)例外なくノロウイルスに感染し下痢と嘔吐の嵐。

いきなり、噴水のように嘔吐するので、寒い夜中に掃除をする私はクタクタ(^^;)

長男は、若干 嘔吐恐怖症気味に。。。。

子供も私も「絶対にかかりたくない!」ということで、今日はノロウイルスの予防方法について、しっかり確認していきたいと思います。

スポンサードリンク

ノロウイルス予防4原則から石鹸手洗いが効果あり?

ノロウイルス予防4原則とは?

ノロウイルスの予防に大切な4原則を知っていますか?感染力がとても強く10個~100個程度で感染・発病すると言われています。

  • 持ち込まない
  • 拡げない
  • 加熱する
  • つけない
  • この4つが大切な予防方法となります。

    持ち込まない
    ノロウイルスは約30nm(ナノメートル)と、とても小さくインフルエンザウイルスが約100nmですので、ノロウイルスはウイルスの中では小さめなのが分かりますね。手指に付着するとシワや指紋、爪や皮膚の角質層に簡単に入り込んでしまいます。

    これを防ぐには、こまめな手洗いが重要。

    ノロウイルス予防の手洗い方法とは?

    【石鹸を使い10秒もみ洗い後、流水で15秒すすぐ】この手洗い法を数回繰り返します。石鹸で直接ノロウイルスを失活させることは出来ませんが、手の脂肪などの汚れを落とすことにより、ウイルスを手指からはがしやすくします。
    ちなみにこの洗い方を2回繰り返しノロウイルスの残存率を約0.0001%まで減らすことができたという実験結果があります。

    ノロウイルス、インフルエンザ対策として、正しい手洗いの方法を動画で確認して下さいね。

    拡げない・つけない
    仮にノロウイルスを家に持ち込んでしまっても「拡散させない」こと。
  • 外から帰ったら、手洗いうがいをする
  • トイレの後は、手洗いをする(公衆トイレ利用時などは特に注意が必要)
  • 食事前後の手洗い
  • 食器、調理器具の消毒
  • ノロウイルスを食材に付けないように清潔に調理する
  • その他にも、ドアノブ、蛇口、洗面所、便座、テレビやエアコンなどのリモコン、受話器、パソコンのキーボード、机、筆記具などありとあらゆるところに付着して、感染を広げてしまいます。

    やはり、基本は「手洗い」です。

    加熱する
    食品中のノロウイルスを死滅(不活化)させるには、中心温度85~90℃で90秒間以上の加熱が必要です。

    ウイルスを蓄積した生ガキや二枚貝などを十分に加熱しないで食べると感染すると思われがちですが、一番気を付けなければいけないのは、ノロウイルスが付着した手や指で食べ物などに触れ、その汚染された食品を十分に加熱せずに食べてしまうことです。
    お菓子やパンからの集団感染も報告されており、人→食品→人への感染が、一番有力な感染経路とも言えます。

    スポンサードリンク

    ノロウイルス予防にマスクの効果は?

    ノロウイルスは、インフルエンザのように空気感染する可能性は低くそんなに心配する必要はありません。ですが、家族や職場でノロウイルスに感染した人がおり、くしゃみや下痢、嘔吐などによってノロウイルスが出ている場合は、呼吸などで体内に取り込んでしまう飛沫感染の危険もあります。

    ノロウイルスが小さいため、以前はガーゼを重ねたような一般的なマスクの効果はあまりないと言われていましたが、今は高性能のマスクが色々な用途に応じて販売されています。

    また乾燥により、のどや鼻、気管支の粘膜が乾いた状態になるとウイルスが粘膜内に侵入しやすくなるので、感染を起こしやすくなります。

    そういった意味では、マスクは効果がないとは言い切れません。帰宅後のうがいはもちろん、ノロウイルスの流行の兆しが見え始めたら、外出の際は、マスクの着用をおすすめします。

    新型ノロウイルスの症状は?

    新型のノロウイルス「GII.17」が感染を広げており、過去最悪とも言われた2006年以来の大流行の兆しがあるとして報道され、とても気になりますよね。

    症状は、従来のノロウイルスの症状とほぼ同じで【嘔吐・下痢・発熱・腹痛】などのようです。

    ですが、問題なのは「今までの免疫が役に立たない」と言うことで、感染の拡大が心配されています。

    予防は、やはり「手洗い・うがいを徹底すること」だそうです。

    あとがき

    ノロウイルスに薬や予防接種はなく、感染したら ただひたすらウイルスが排出されるのを待つしかないのですが。。。。下痢止めなどを安易に飲まないようにしましょう。ウイルスが排出されるのを妨げてしまう場合があります。子供が感染した時も整腸薬が出されただけで、水分を少しずつとってください。と言われただけでした(^^;)

    あまりにもぐったりしてしまったので、怖くなってしまったほど。やはり予防は大切。頑張って乗り切りましょう!

    スポンサードリンク

    関連記事

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    ページ上部へ戻る