台風対策で窓 ダンボールの使い方は?ない時は?おすすめ方法!

台風が来て、いちばん最初に心配になるのが雨戸やシャッターがない窓。あまりの強風に今にも割れそうな勢いで怖い思いをしたことはありませんか?

今日は、台風対策として窓ガラスに家の内側から出来る対策をお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

台風対策 窓はどうすればよい?

「風の風圧によって、窓が割れることはほとんどない」と言われています。実際には、強い風によって飛ばされてきた飛来物で窓ガラスが割れるケースがほとんどです。

窓ガラスが割れてしまうのは仕方がないとしても、家の中に割れた窓ガラスが飛んで散らばりケガをすると言うことは、避けたいですよね。

ちなみに、風速20m~くらいから、風で物が飛ばされるようになり、窓ガラスが割れるなどの被害が出始めます。

家の内側から出来る具体的な対策としてはこちらの方法が有効です。

ガムテープを貼る
窓ガラスの真ん中は強度が落ちます。ガムテープを×と+に貼って、窓ガラスが割れた時の飛散を防ぎます。

※この時、ビニール製のガムテープ(透明のもの)か布製のガムテープの方が、後からはがしやすく跡も残りにくい。

ダンボールを貼る
窓に内側からダンボールを貼ります。
窓の前に家具を置く
家具でも何でもいいのですが、窓が割れた時に飛び散らないようカーテンを閉めて、移動ができる大き目の家具を置きます。

一番のおすすめは。。。。。

ガムテープ&ダンボールを貼る
・窓ガラスにガムテープを貼る
・さらにダンボールを貼る
・カーテンを閉めてダンボールにカーテンを貼りつける

ダンボールにカーテンを貼りつけられない場合は、風にあおられてカーテンがヒラヒラしないように突っ張り棒などで、カーテンを固定してしまいます。

これで万が一、窓ガラスが割れたとしても家の中に飛散するのは防げます。

スポンサードリンク

台風対策 窓ガラスに貼るダンボールがない時は?

サランラップを貼りつける!
これだけでもかなり違いますので、緊急の時の対策として覚えておいてくださいね。

あとがき

台風対策は、台風が来てから慌てないように窓ガラスには飛散防止フィルムを貼るなど日頃から対策をしておきたいものです。UV対策がされた飛散防止フィルムもあるので、台風対策と紫外線カット両方できて便利です。ちなみに外側からベニヤ板を貼るのは、よほど頑丈に貼るなり打ち付けるなりしないと、風で飛ばされてよそのお宅に被害を出してしまいますので注意が必要です。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る