ココナッツオイルの効能を得る!簡単な食べ方と摂取量は?保存は常温?

スポンサーリンク

美容や健康、ダイエットに良いと話題になっているココナッツオイル。

手軽に手に入れることができるし、海外の女優さんも愛用していると聞くと、
「ちょっと使ってみようかな?」という気持ちになりますよね。

そこで今回は、ココナッツオイルの効能を得るための食べ方や摂取量、保存のポイントについてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ココナッツオイルの効能を得る 簡単な食べ方は?

まず、ココナッツオイルには、「ヴァージンココナッツオイル」と「ココナッツオイル」があります。

そのうち、美容や健康、ダイエットに良い作用があると言われているのは、ヴァージンココナッツオイル。

ヴァージンココナッツオイルは、天然100%の良質なオイルで、その栄養成分が体に良いと注目されているのです。

そして、簡単に試しやすいのが、ヴァージンココナッツオイルを食べる方法です。

それでは、主な食べ方を紹介します。

簡単な食べ方

・コーヒーや紅茶に入れて飲む

・トーストにバターやマーガリンの代わりに塗って食べる

・サラダのドレッシングにする

調理に使う食べ方

・ホットケーキやオムレツを焼くときに、バターの代わりに使う

・ケーキ―やクッキーを作るときに、バターの代わりに使う

・カレーやシチューを作るときに、ヴァージンココナッツオイルで野菜を炒める

・揚げ物をするときの揚げ油として使う

基本的に、バターや油の代わりとして使います。
特に、タイ料理やインド料理は、ヴァージンココナッツオイルの風味との相性が良いのでおすすめです。

また、揚げ物の油として使うと、サクサクとしていて、油のしつこさを感じない仕上りに。

きんぴらなど和食にも使っている人はいますが、こちらはリサーチしたところ、賛否両論でした。

ココナッツオイルは、独特の甘い香りがあります。

これが、和食とは全く合わないという意見もあれば、意外にも合うという意見、
香りはほとんど気にならなかったという意見もありました。

人それぞれ好みはありますから、まずはホットケーキやトーストなどで食べてみて、
好きな風味であれば、色々な料理を試してみると良いのではないでしょうか。

ココナッツオイルの効能を得るための摂取量は?

ヴァージンココナッツオイルの1日の摂取量は、大さじ2杯程度が適量とされています。

いくら美容や健康に良いとはいえ、油ですし、栄養はバランスよく摂るのが大切。

ヴァージンココナッツオイルも、摂りすぎには注意しましょう。

また、初めてヴァージンココナッツオイルを食べる場合、最初のうちはお腹を壊す人もいるようですから、
大さじ1杯くらいから始めてみましょう。

リサーチしていたら、数人ですが「胃が痛くなった」「頭痛がした」といった報告をしている人もいました。

どんなものでも、体質などによって、合う、合わないはありますから、
少量から食べ始めて、体の様子をみながら続けていくのがおすすめです。

ココナッツオイルの保存は本当に常温で良い?

ヴァージンココナッツオイルは、常温で保存します。

保存できる期間は、1~2年となります。

気温が24度以下になると白く固まり、それ以上だと透明な液体になりますが、
どちらも自然な状態ですし、白く固まるのと液体になるのとを繰り返しても、品質には影響しないそうです。

つまり、固まってしまって使いづらいときは、湯煎などで温めて液体にしてから使うこともできますね。

ただ、異物が入ると、カビが生えたり、オイルが劣化、腐敗してしまいます。

大瓶で購入した場合は、小分けにして保存し、使うときは清潔なスプーンなどを使うようにしましょう。

まとめ

ヴァージンココナッツオイルは、食べ方も色々ありますし、保存しやすいのが嬉しいポイントですね。

私たちの体は、3ヶ月~半年もすれば、新しい細胞になっていきますから、
半年を目安に、ヴァージンココナッツオイルを試してみるのも良いかもしれませんね。

また、特有の甘い風味で、好みは分かれると思います。

ヴァージンココナッツオイルが体に良くても、ストレスを感じては意味がありませんから、
美味しく、楽しく続けられるかも大切にしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る