鼻からの胃カメラ時間はどれ位かかるの?私の体験談

さっそく、実際に私がピロリ菌検査のために受けた鼻からの胃カメラの流れをご紹介しますね。
これは私が検査を受けた病院のお話なので、病院ごとに異なる点も多いと思います。
ご参考までに…ということでお読みくださいね。

スポンサードリンク

鼻からの胃カメラ 時間はどれ位かかるの?

1) 予約

人気のある病院などでは1ヶ月前から予約が埋まっていたりしますし、企業の健康診断の受診締切が年末というところも多いので年末はどうしても混むようです。

私は1月に受診しましたが、それも1ヶ月待ちでの受診でした。

ちなみに…、私は予約の時点で胃炎の症状があったので、事前に検査を受ける病院で人間ドックの結果を持参しつつ、診察をしてもらいました。
触診などから「う~ん、胃潰瘍になってる可能性もあるね」などと言われましたが、検査まで痛みを抑える薬ももらい、なんとなく安心でしたね。

2) 検査当日

検査の当日は検査6時間前から「食べる」ことは禁止でした。
水やお茶、飴類などは食べてもOK。
固形のものだと消化されない場合があるのでしょうね。

3) 来院と問診

病院に行くと問診票を渡されます。
現在の症状などを書く欄、検査方法と注意事項。そして同意欄などがあります。

もし鼻から出来なかったら、口からやりますよというようなことも書いてあって、ちょっとドキドキします。

4) 診察とお薬

ここで先生に今の症状などを伝えます。
私の場合は、事前に診察を受けていたので、直近の症状を説明しました。
胃潰瘍かも!?などと思っていたので、この時点ではかなりドキドキになりました。

その後、半透明の液体を飲みます。
胃の中の泡を消すお薬ですね。
味は…ありませんのでご安心を!

5) 検査室へ

ささ、いよいよ検査室へ行きます。

といっても、この病院はちょっと広めの部屋にベットが1つと検査用の機械が1つの簡素なもの。
天井や壁に空の絵もペインティングされています。
緊張を和らげる工夫なんでしょうね。

6) 麻酔

ベットに横たわると看護師さんが来ていよいよ麻酔です。

「今日の鼻の通りはどうですか?」

なかなかこれ、難しい質問です。
どちらの鼻穴から入れますか?と言われてるのと同じですからね。

だいたい、私が検査を受けるときはすっきり鼻の通りは良いのですが、なんとなく良さそうな方を言います。

その後、申告した鼻の穴にシュッとスプレーをします。
これは鼻の通りを良くするための血管の収縮剤です。

その後、スポイトのようなものでちょっとドロッとした質感の麻酔を同じ鼻の穴に注入。

しばらく待ちます。
この間、喉に麻酔薬が落ちてきますが、これは飲み込んでもかまいません。
美味しくはないですけど。

少し時間を置いてから、先生が大きい綿棒のようなものを鼻にゆっくり入れて、ちょっとそのままにしておきます。
麻酔をカメラを通す鼻穴の周辺になじませるんです。

この時点で、え?綿棒なんて入れたら痛いんじゃ?って思いますよね。
想像するだけで痛いっていうヤツです。

でも綿棒を入れるころには麻酔が効いていて、全く痛みもないです。
その頃には喉の感覚もなくなっていますよ。

スポンサードリンク

7) カメラ突入!

麻酔が効いたらカメラ突入です。

モニター側に横向きになって寝ます。

鼻から入って最初に違和感を覚えるのはやっぱり喉の部分。
喉を通過しているなぁ~というのがわかります。
が、口からのカメラのようにそれでオエーッとなることがないので、取り乱すこともなく通過です。

喉を通ると食道、胃、そして十二指腸の順にカメラは進みます。

途中、胃から十二指腸に行く途中に重苦しい感じはありましたが、全然我慢のできる範囲でした。

8) 初めて見る胃の中

先生は説明しながらカメラを進めますが、正直素人の私には何が移っているのかさっぱり。

でも1つだけわかりました。
そうピロリ菌の引き起こす慢性胃炎「鳥肌胃炎」。

胃の底の方にボコボコとしている部分が私にもはっきり見えました。
そうです、これが慢性胃炎の正体。

鼻からの胃カメラはこんな風に自分に余裕をもって症状を確認することもできますよ。

9) 検査終了!

検査時間は約10分程度でした。

鼻や口に残っている麻酔を流すためにうがいをします。
検査後にすることはこれだけ。

しばらく休憩する必要もありませんよ。

10) 検査結果

検査が終わって5分もすると胃カメラで撮った写真をもとに先生が症状を説明してくれました。
私は鳥肌胃炎ということで、「ピロリ菌、いますね!」という診断。

さっそく除菌しましょうということになりました。

11) お会計

最後はお会計です。

私の場合は慢性胃炎の症状が見られたため、検査も除菌の薬も保険適用となりました。
はっきりと金額までは覚えていないのですが3000円前後だったかな~という感じです。

私の体験での情報があなたのお役に立てば幸いです。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る