合皮のソファを長持ちさせるお手入れ方法&長持ちさせるコツ!

合皮のソファ。デザインが素敵でお値段も手頃で、購入してみたけれど、長持ちさせるにはどうすればよいのでしょう。

また、経時劣化・経年劣化をできるだけ防ぐお手入れ方法とは。
お気に入りのソファを長く使うためのコツ、お手入れ方法です。

スポンサードリンク

合皮のソファの特徴を知ろう

合皮は、おおまかにポリウレタン系PUレザーと塩化ビニール系PVCレザーに
分けられます。

PUレザーとPVCレザーでは特性が違います。
お手入れの前に、合皮の素材を確認してみましょう。

PUレザーとPVCレザーの特性

PUレザーは、柔らかくしなやかで柔軟性があり、通気性、撥水性が高いことが特徴。
柔らかく通気性がよい、つまり肌触りよく、肌に張り付く感じは受けにくいので、
より本革に近いもちもちとした質感がメリット。
座り心地でPUレザーのソファを選択される方も多いのではないかと思います。

PUレザーはポリウレタンという素材を原料としています。
ポリウレタンは、空気中の水分と結合して加水分解が進み、
徐々に劣化が進行する性質を持っています。
加水分解した生地は、表面がべたつく感じになり、
ぼろぼろと剥がれてきます。
いずれ劣化が進むとこのような状況になることがデメリットです。

PVCレザーは、耐久性が高く、メンテナンス性に優れており、価格が安価なことが特徴。
汚れにくく、汚れても水拭きや中性洗剤でさっと手入れすることができます。加工性がよく色やデザインのバリエーションが豊富なのに、価格はリーズナブルな点がメリットです。
扱いやすいので、小さなお子さんのいらっしゃるご家庭向きかもしれませんね。

PVCレザーはポリ塩化ビニルという素材を原料としています。
塩化ビニルは、通気性が悪いことが一番のデメリット。
真夏などはじっとり張り付くような質感に不快感を覚えることもあるでしょう。
劣化が進んだ場合は、ひび割れることがあります。

ご自宅のソファがどちらの素材で、どういった特性があるのか
まず確認してみてくださいね。

合皮のソファを長持ちさせるお手入れ方法

合皮は、汗や油分を付着させたままにしておくと劣化が早く進みますので
日常のお手入れは大切です。
ソファを長持ちさせるお手入れ方法を見ていきましょう。

基本は乾拭き

日常は乾拭きのお手入れで十分です。
乾いた柔らかい布で、傷つけないよう優しく拭きましょう。
特に座面は、最も重さや汚れ、摩擦を受けるので劣化しやすい部分です。
汚れはこまめに拭き取るようにしましょう。

しっかり汚れを落としたい場合

しっかり汚れを落としたい場合は、水またはぬるま湯薄めた中性洗剤液をつけ
堅く絞った雑巾で拭いていきます。

中性洗剤を使った場合は仕上げに水拭きをし、最後に乾拭きで仕上げます。
水分や洗剤が残ったままだとかえって劣化の原因になります。
特にPUレザーは水分と結合して劣化が進みますので、
水拭きをした場合はきっちり水分を取り除くようにしましょう。

黒ずみなどの汚れがなかなか落ちない場合

特に白っぽい色合いの合皮だと、次第に黒ずむこともあるでしょう。
こうした黒ずみのような汚れが落ちない場合は、重曹水とメラミンスポンジを使って、
念入りに汚れを落としましょう。時間が経ってしまった汚れにも効果的です。
クリームクレンザーを使う手段もありますが、汚れを落とした後
クレンザーを取り除く手間があるので、メラミンスポンジの方が楽にお手入れできます。
ただし、色落ちの可能性もありますので、目立たない部分でまず試してから
クリーニングしてください。

合成皮革専用のクリーナーも販売されています。こうしたクリーナーを使ってみても
よいですね。

スポンサードリンク

合皮のソファを長持ちさせるコツ

その他、設置場所などの工夫で劣化をできるだけ遅らせる方法です。

紫外線を避ける

合皮は元々石油製品なので、ビニールやプラスチック同様に紫外線のダメージを受けやすい特性があります。
直射日光は劣化を早く進めたり、黄ばみや色あせの原因となりますので、
紫外線が直接当たらないよう工夫します。
インテリアの都合上どうしても窓際に置きたい場合は、ソファーカバーをかける、
レースのカーテンをかける、といった工夫をしましょう。

湿度の高い場所を避ける

特にPUレザーは水分を嫌います。湿度の高い場所に設置しないようにしましょう。

同じ場所に座らない

いつも同じ場所に座ると、その部分だけ摩擦や汚れで傷んでしまいます。
できるだけ同じ場所に座らないようにしましょう。

温度変化の激しい場所への設置を避ける

エアコンや暖房器具の熱気が直接当たる場所の設置は避けましょう。

真夏はカバーをかける

夏は汗をかく季節です。特にPUレザーにとって水分は大敵ですので、汗をかく季節には
カバーをかけるとよいでしょう。PVCレザーは通気性が悪く、汗によるべたつきが
気になることが多いのですが、そういった不快感も軽減されます。
汚れの付着を避けることができ、手入れの手間も省けます。

まとめ

以上が、合皮のソファを長持ちさせるお手入れ方法、長持ちさせるコツです。
メンテナンスすること、そして設置場所を工夫することで、寿命をある程度
伸ばすことができます。
お気に入りのソファ、大切に使ってみてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る