秋に感じる肌の悩みの原因と悩み別のお手入れ方法!

秋の訪れを感じる頃にいつもより
化粧ノリが悪いなぁと感じたことは
ありませんか?

ワントーン暗い気がする、化粧水が
馴染まないような…と鏡の前で
にらめっこ。そんな経験がある女性は
多いと思います。

肌が受けた夏のダメージが秋になって
肌トラブルとして出てきているのかも
しれません。

今回は秋に感じる肌の悩みの原因と
お悩み別のお手入れ方法などもあわせてご紹介します。

秋のファッションやメイクを思う存分
楽しむために、ふわふわもっちりの
美肌を手に入れましょう!

スポンサードリンク

秋に感じる肌の悩みの原因について

毎日お化粧をする女性は、肌の質感の
変化に敏感です。季節の変わり目に
肌の悩みを抱える女性は多いものです。

夏のダメージを受けた肌は秋になる頃
に悩みが出やすいとされています。
秋に感じる肌悩みの原因とは一体
どんなものがあるのでしょうか?

角質層が受けたダメージ

夏の紫外線は一年で特に強い季節。
UVカットの化粧品や、日焼け止めを
使っていても、アスファルトからの反射
などで完全に紫外線の影響を遮るのは

なかなか難しいことです。紫外線は肌の
一番外側にある「角質層」に強い悪影響
を与えてしまいます。

角質層は肌全体を守る働きをしています
が、紫外線の影響を強く受けていると、
角質層がダメージを受け、保水などの
機能がうまく働かなくなってしまいます。

さらに、角質層の機能が低下すると乳液
や化粧水などの肌に潤いや栄養を与える
成分が浸透しにくくなり、結果として
角質層の下にある皮膚組織もダメージを

受けてしまうのです。角質層は紫外線
以外にも、

・エアコンによる乾燥
・発汗による乾燥
・気候の変化による空気の乾燥
・暑さによるストレス

なども影響します。

気温の変化による体調不良

まだまだ残暑が厳しいとはいえ、着実に
季節は秋へ向かっています。朝晩の気温
が下り、過ごしやすい気候になりますが
一方で気温の変化による体調不良を

起こしやすい季節でもあります。
体調不良によって内臓の働きが悪く
なると、肌荒れ・くすみ・むくみなどの
肌トラブルを起こしやすくなります。

典型的な例だと

・体の冷え→血行不良によるむくみ、
くすみ
・便秘→肌荒れ
・疲れ、寝不足→目元のくま

などが挙げられます。女性の方なら経験
があると思いますが、なんとなく元気が
でないときは肌の元気もないですよね。

こんなときは肌の手入れよりも体調を
元に戻すことを優先しましょうね。

花粉による肌トラブル

花粉は春のイメージがありますが、秋
にも花粉が飛散しています。

花粉症の方はマスクが必須だと思います
が、過度なマスクの使用は実は肌によく
ありません。マスクの中は呼吸で湿って
蒸れた状態になっています。

乾燥が気になってくる季節ですので、
保湿力もあがって一石二鳥!と思うかも
しれませんが、蒸れて乾くとまた乾燥
してしまうので、余計に肌を乾燥させる

ことになる可能性もあります。屋内に
入ったら外す、こまめに交換するなど
マスクの使用方法を見直してみて
くださいね。

また、マスクだけでなく花粉が直接
肌荒れの原因になることもあります。
外出先から帰ってきたら、服や髪の毛を
払って花粉を落とすようにしましょう。

可能であれば洗顔をしてメイクを落とし
花粉が肌に長く付着した状態を作らない
ようにするのも効果的です。

スポンサードリンク

秋の肌のお悩み別のお手入れ方法!

ぎらぎらと暑い夏、寒い寒い冬の間に
ある秋は、過ごしやすい季節です。
春のように強烈な花粉症なども少ない
ために、意欲的に行動できる季節でも

ありますよね。そんな秋は肌の手入れを
するのにも絶好の季節。冬のように乾燥
しすぎず、夏のように紫外線が強すぎる
こともないので、冬本番を迎える前に

夏のダメージを受けた肌をしっかり
修復させられます。いくつか手入れの
方法を紹介しますので、参考にして
くださいね。

古くなった角質を取る

前章でも取り上げた通り、肌の角質層
は夏の間にダメージを受けています。
古く、ダメージを受けた角質層をまず
は取り除くことが大切です。

古くなった角質にいくら高い美容液を
与えても、肌の状態はよくなりません
し、ターンオーバーで新しい角質に
生まれ変わっても、古い角質が邪魔を

していつまでも肌がくすんだ状態に
なってしまいます。

毎日の泡洗顔が基本ですが、スぺ
シャルケアとしてピーリングを取り
入れてみてください。

ドラッグストアなどでも売られている
ので安価で購入出来ますが、
お気に入りのコスメブランドで試して
みるのもいいですよね。

ローションパックで徹底保湿

古くなった角質を取ったら、徹底的に
保湿をしましょう。ローションパック
は普通のコットンやキッチンペーパー
などを使う方もいると思いますが

筆者のおすすめはこれです。

美肌アドバイザーの佐伯チズさん監修
のローションパック用コットンです。
大きくて裂きやすく、毛羽立たないので
とても使いやすいです。

パックの時間は3分以内が目安です。
パックのあとは清潔な手でしっかり
馴染ませて乳液やクリームで蓋をする
ように肌に馴染ませましょう。

朝は清潔な手で肌に化粧水を染みこま
せるように化粧水をつけるのが
おすすめです。寝起きのむくみをとる
ために、優しくマッサージしながら

血行を良くしてあげると化粧ノリが
さらに良くなりますよ。

身体をあたためる

夏のエアコンによる冷えから続き、秋
の気温変化により身体の内側は意外と
冷えています。

冷えは血行不良や内臓の働きを悪くする
原因になり、肌のくすみ・むくみなど
の原因にもなります。寒い冬を迎える
前に一度冷えをリセットしましょう。

身体をあたためるのに一番手軽なのは
ゆっくりとお風呂に浸かることです。
半身浴で38~40℃のお湯に20~30分
浸かりましょう。

肌にいい成分が配合された入浴剤を
使うとより効果的です。

食べ物は生姜が代表的ですが、秋に旬
を迎える食べ物は冷えの改善に効果が
あります。旬の食べ物を積極的に
食べましょう。

そして、ストレスも身体を冷やす原因
になります。自律神経のバランスが乱れ
ることで、血流が悪くなり身体が冷えて
しまうのです。

秋は夜が長く過ごしやすい季節。心から
リラックス出来るアイテムや時間を見つけ
ゆったりと過ごして下さいね。

まとめ

筆者は現在アラサーと言われる世代ですが
だんだんと肌に疲れがでるようになって
きています。若い頃と違うんだなぁと一番
実感するのは肌かもしれませんね。

美は一日にして成らずの言葉通り、美肌も
一日だけのスペシャルケアではなかなか
手に入れられないもの。この秋はしっかり
ケアをして、美肌で冬を迎えましょう!

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る