プール熱 プールに入ってないのに!?どのくらいで治るの?注意することは?

子供が熱を出して病院に行ったら「プール熱ですね」って診断された。でも、うちの子プールに入ってないんだけど。。。。?

プール熱ってプールでかかるんじゃないの?
どんな病気なの?
どのくらいで治る?
注意しなくちゃいけないことはある?

あまり聞きなれない病気は分からないことがいっぱいですよね。

今日はプール熱とはどんな病気なのかをお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

プール熱 プールに入ってないのに。。。。

プール熱は、夏風邪の一種。アデノウイルスと言うウイルスから発症する病気で、のどの炎症、目の結膜炎、発熱を伴い「咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)」と呼ばれます。アデノウイルスに汚染されたプールの水から感染することが多く「プール熱」ともいわれていますが、プールに入らなくても、くしゃみなどから飛沫感染、便や鼻水、感染した子と仲良くくっついて遊んでいても接触感染します。

感染力がとても強く、プール熱には有効な薬はありません。冬にかかる子もいます。アデノウイルスの型によっては、肺炎を起こす子もいるので注意が必要です。

スポンサードリンク

プール熱ってどのくらいで治るの?

38℃~40℃の高熱が4~5日続きます。5日以上続く場合もあり「熱が下がった!」と思いきや夜にはまた上がることも。
その他にも、頭痛、下痢、嘔吐、倦怠感、目やに、のどの痛みがあります。

熱やのどの痛みがなくなり、2日経てば保育園や幼稚園にも登園できます。
(※園の方針がある場合は、それに従ってください)

症状がなくなっても鼻水や便からもウイルスが出ているため、完治するまでの期間は発病してから2~4週間かかります。

プール熱で注意することは?

のどの痛みが強く出ることもあり、食欲が減退するので、脱水症状に気を付けなければなりません。のど越しの良いプリンやゼリー、アイスクリーム、おかゆ、スープ、豆腐、うどん、茶碗蒸しなどが良いようです。積極的に水分も取らせるようにします。いずれも熱いものは冷ましてからあげるようにしてくださいね。

まとめ

我が家の子は高熱が5日間続き、関節の痛みを訴え「さすってよ~」と要求され私のイライラもピークに(^^;)ですが先輩ママには「いいな~かわいい」と言われます。「手がかからなくなったらお金がかかるのよ!」と(笑)「今だけの楽しみ」として、看病するママも感染しないように気を付けながら看てあげて下さいね。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る