顔脱毛にはメリットデメリットどっちが多いの?注意点は?体験談!

サロンで働いていた時、顔の脱毛をしている女性は8割以上でした。

ほとんどの女性が顔のムダ毛も気にしているということです。

顔はとってもデリケートな部分だからこそ不安や疑問がたくさんあると思います。

今回は 顔脱毛 のメリットは何?痛みは?効果は?などを
私の体験を交えてお伝えしていきます^^

スポンサードリンク

顔脱毛にはメリットデメリットどっちが多いの?注意点は?

最も多く露出している部分は顔なのです。
だからこそ顔のムダ毛が気になる!という方がほとんどです。

顔脱毛をすれば素敵なことがたくさんあるんですよ^^

顔のムダ毛がなくなることで化粧ノリがよくなり
周りから「お肌きれいになった?!」なんて言われることもあります!

顔脱毛のメリットは?

・自己処理の時間が短縮される

今まで自己処理にかけていた時間も省けます。

・自己処理によっての肌トラブルがなくなる

お肌に刺激を与えてしまい肌トラブルになっている方も多いのです。

脱毛することで自己処理をしなくて良くなりますから
肌トラブルとも さよなら 出来るのです^^

・顔が1・2トーン明るくなる

私自身、顔の脱毛をしてから肌のトーンが明るくなり
周りから「なんか最近お肌きれいになったね~」と言われるように
なりました。

化粧ノリも全然違うので厚化粧することもなくなり
朝の化粧時間短縮にもなりましたよ~(^^)/

・自信が持てるようになる

顔のムダ毛を気にして周りの目から逃げるようにしていたのに
今では自分のお肌に少し自信が持てるようになりました!

サロンで働いていた時、顔脱毛したいけど・・・と悩んでいる方に

「お姉さんみたいに 顔のムダ毛がなくなって スベスベになれるなら
思い切って決断します!!」
と顔脱毛を始められた方もいらっしゃいました^^

それくらい顔のムダ毛がなくなるとお肌のツヤ・肌質・化粧ノリも
良くなるのです☆

顔脱毛のデメリットは?

たくさんのメリットがある反面 いくつかのデメリットもあります。

・費用がかかる

顔脱毛は期間が長いので費用がかかってしまいます。

満足がいく結果まで大体2~3年はかかります。
(平均して1年6回で24000円×2~3)

綺麗になるための自己投資として考えるといいかもしれませんね。

・通うのが面倒

期間がかかってしまうのでその間定期的に通わないといけません。

しっかり定期的に通うというのは効果を出すためには絶対条件です。

少し面倒だな・・・と感じてしまうかもしれませんが

綺麗になるためには時間も必要なのです。
そのための労力を惜しまないことが綺麗への近道なのです^^

・期間中の日焼け禁止・保湿重視

脱毛効果を最大限に出すためにお肌のセルフケアが重要です。

ここをしっかり出来ているか否かで結果が変わるといっても
過言ではありません。

いつも意識して日焼け対策・保湿ケアをしっかりしなければ
せっかく時間と費用を費やしても効果が発揮されません。

このセルフケアを面倒だ・・(デメリット)と考えるか
日焼け対策・乾燥対策も出来てラッキー(メリット)と考えるかは
あなた次第ですね^^

スポンサードリンク

光脱毛で顔の肌荒れはしない?痛みは?

光脱毛は特殊な光を黒いものに反応させて脱毛していくので
毛質が細くて色素が薄い顔の毛には少し反応しにくくなります。

色素が濃く毛質が太い脇やデリケートゾーンは
痛みを感じやすいのに比べて顔は痛みをほとんど感じません。

痛みよりも光がまぶしいこと・冷却ジェルが冷たいことに
慣れていかないといけません。^^

脱毛後はお肌が乾燥しやすいのでしっかり保湿をしないと
肌荒れの原因になってしまいます。
いつも以上に化粧水・乳液をたっぷり浸透させましょう。

脱毛後は顔に熱がこもっている状態ですので出来る限り
日光に当たらないように気を付けてお風呂はぬるめのシャワーにしてくださいね。

万が一赤みが出た時は保冷剤や冷たいタオルで冷やします。

顔は体に比べて皮膚が薄くとても敏感です。

脱毛後に反応して一時的に肌荒れを起こしてしまう可能性も高いのです。

大切なのは脱毛後のセルフケアです。

脱毛をしたときはいつも以上に意識してスキンケアを心がけてくださいね^^

おわりに

顔脱毛はデメリットもありますが私はぜひ皆さんに
顔脱毛をオススメしたいのです^^

自分自身が顔脱毛をしてから良いことがたくさんあったからです!

化粧ノリが良くなり肌荒れすることが減ったのです。
自己処理をしなくなったからでしょう^^

今、顔のムダ毛に悩んでいるあなた。

まずは1年からでもいいのでチャレンジしてみてください。

きっと嬉しい効果が期待できるはずです^^

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る