ふるさと納税5000円のお肉おすすめ6選!2017

ふるさと納税5000円でもらえるおすすめの肉、気になりますよね。

お得で素敵な特産品をいただけるふるさと納税。5000円の寄付金額ならば、
気軽にできて特産品を選ぶ楽しさも増えますね。

今回は5000円の寄付金額で選べるおすすめお肉6選をご紹介いたします!

スポンサードリンク

ふるさと納税5000円の寄付金額で今すぐ選べるお肉 おすすめ6選

5000円の寄付で選べるお肉。目移りしてしまうくらい、たくさんあります!
今すぐお願いできるおすすめ返礼品をご紹介いたしますね。

秋田県湯沢市 秋田産特選肉セット 2~3人前


最高品質の三梨牛と柔らかく旨みが凝縮された秋田県産豚肉。
すき焼きでも焼き肉でも食べられるようにカットしたお徳用特選肉セットです。

とても希少なお肉だそうで、発送に1ヶ月以上かかる場合もあるそう。

内容は、三梨牛スライス180g、豚スライス200g。
発送日から5日後ほどが賞味期限となります。

さて、この返礼品で特筆すべきなのは
このお肉が冷蔵で届く、という点です。

牛、豚は冷凍より冷蔵のほうが圧倒的に美味しい。
けれども、5000円の寄付で冷蔵便のお肉はあまりありません。
ほとんどが冷凍で届きます。

量も、二人暮らしの方にちょうど良さそうですし、
牛も豚も両方味わえる楽しさもあります☆

高知県奈半利町 こだわり配合飼料育成!もっちり食感♪米ヶ岡鶏満喫セット(モモ1kg、ムネ1kg、ササミ1kg)


標高400mで育った米ヶ岡産の鶏肉のセット。鶏の配合飼料には、木酢精製液、海藻、
よもぎ等が入っています。
これらによって鶏肉特有の臭みを抑え、カラダの中から健康な鶏が育つそう。

申込は通年。入金から1ヶ月程度で配送されます。

容量は、モモ肉1kg、ムネ肉1kg、ササミ1kgの合計3kg。
しばらく鶏肉を買わなくても良さそうな量が届きます。
その他、モモ1kg、ムネ1kg、上元1kgのセットなどもあります。

山梨県甲州市 ワイン豚挽肉1.5kg


なんといっても大家族に嬉しいこのボリューム!
豚肉の挽肉1.5kgの大容量は、料理しがいがありますね。
ワイン豚の旨みをぎゅっと濃縮した挽肉です。

配送は通年で、発送までの期間は約1週間。
山梨県甲州市では、5000円の返礼品であっても豚トロやとんかつ用など様々な部位の豚肉を用意してくださっていて、楽しく選ぶことが出来ます。

挽肉もおすすめですが、今年から新規で用意してくださっている
ワイン豚こま切れメガ盛り1.5kgも要チェックですよ☆

北海道 佐呂間町 特製味付ジンギスカン1kg


本格的な夏に向けて、ジンギスカンなどはいかがでしょう。

北海道佐呂間町からは、特製味付ジンギスカン。
特製のタレに漬け込まれたニュージーランド産厳選高級ラム肉が届きます。

申込、配送は通年。
容量も大満足の1kgです。

北海道へ行かずとも、北海道への旅行気分を味わえそうですね。

佐賀県玄海町 丸福 ハンバーグ


佐賀県玄海町は、5000円の寄付金額での返礼品が最もバリエーション豊かな自治体なのではないでしょうか。肉、魚はもちろん、野菜、お菓子、果物や珍味など幅広く用意してくださっています。

こちらは焼肉屋「丸福」が美味に拘って作った究極のハンバーグ。
一度も自店で宣伝することなく、ブロガーの口コミで全国に広がった自慢のハンバーグなのだそう。

容量は140g×6個、特製ソース付きです。
冷凍便で届くので、一人暮らしの方には特におすすめです。

秋田県八郎潟町 翌年1月発送 町特産の鍋用マガモ肉 400g(鍋スープ付き)


ふだんなかなか食べる機会のないものをお願いするのはふるさと納税ならではの楽しさ。

秋田県八郎潟町からは、翌年1月に発送される、町特産の鍋用マガモです。

400g、約半羽分の鍋用に加工されたマガモ肉が届きます。
鍋の美味しい季節にスープ付きで届くので、到着したらすぐ鍋料理を楽しむことができます。

注意しなければならないのは、
こちらの秋田県八郎潟町では、年に何回寄付したとしても、返礼品は年に1回のみ、という点。この頃は寄付した回数だけ返礼品が届く自治体が多いので、
ついうっかり間違えてしまわないよう注意する必要がありそうです。

スポンサードリンク

まとめ

以上、ふるさと納税5000円の寄付金額で今すぐお願いできるお肉 おすすめ6選でした。

5000円寄付では、ほどよい量が届きますし、
たくさん返礼品を選べる楽しさがありますね。
お肉は選択肢が豊富で目移りしてしまいがち。
「量」なのか「味」なのか「面白さ」なのか「目新しさ」なのか
ご自分なりの優先順位をつけてみて、楽しく返礼品を選んでみてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る