七夕の笹の水揚げ&長持ちさせる保存方法!枯れる・しおれるを避けるコツ

七夕の笹。すぐに葉が丸まり、枯れてしまってお困りではありませんか?

七夕飾りに使う葉は、せめて短冊を飾るまでは生き生きとしていてほしいもの。

切った笹を上手に水揚げして出来るだけ長持ちさせ、枯らさないでおくにはどうすればよいのでしょうか。そんな方法をまとめてみました!

スポンサードリンク

七夕の笹の上手な水揚げ、長持ちさせる4つの方法

青々とした葉が美しく、清々しい香りの笹。
やはり本物の笹があると七夕飾りが映えますよね。

けれども、笹や竹はとても水揚げが悪く、水に浸けておいても
すぐに葉が丸まってしまいます。

買ってきてすぐに実行しておきたい水揚げ方法、長持ちさせる方法をまとめました。
葉が丸まって枯れてしまう前に、ぜひ試してみてくださいね。

笹全体を水に浸ける

笹は、切り口だけ水に浸けておいてもなかなか水を吸い上げません。

風呂桶やプールなどに水を張り、葉も全て浸かるように水に入れてしまいましょう。
水から出てしまう部分には、濡らした新聞紙などをかけておきます。

風呂桶などがないような場所であれば、
濡らした新聞紙で密閉するように全体を包んでおきます。

酢水に浸ける

水に浸けることができる場合は、酢水に浸けておくとより効果的です。
酢と水の割合は、2:3くらいです。

切り口をつぶす

切り口に塩をまぶし、石などを使ってつぶしておく方法もあります。
水揚げが若干よくなるようです。

節に穴を開け、湯通し後水で満たす

家庭で使う笹は主に細いものだと思いますが、
太い笹の場合に効果的な方法です。

まずホームセンターなどで芯抜き工具を入手します。
葉が出ているところまで上から芯を抜き(穴を開け)ます
(水が抜けてしまわないよう、一番下の節は抜かずにおきます)。

穴開けをしている間に熱湯を準備しておきましょう。

穴開けが終わったら、熱湯をいっぱいまで注ぎます。
2~3分そのままにしたら、熱湯を捨てて水をいっぱいまで注ぎます。
熱湯を入れるのは、内部の薄皮を剥がすため。薄皮を剥がして竹が水揚げしやすい状態にするためです。

熱湯を長く入れると、竹が茶色くなってしまうので注意してください。

注いだ水はすぐに減ってしまうので、
七夕飾りをする日まで毎日水を補給してくださいね。

スポンサードリンク

枯れる、しおれるのを避ける方法

七夕の笹を水揚げするのは大変!そんな場合は
以下の方法も検討してみてくださいね。

できるだけぎりぎりに入手する

七夕で使える笹は、花屋さんやホームセンターで入手できます。
近くの竹林で入手できる方もいらっしゃるでしょう。

笹は、いろいろな策を講じたとしてもやはり水揚げが難しいものなので、
入手できる先に目星をつけたら、できるだけ飾り付けるぎりぎりに
入手するようにしましょう。

鉢植えのものを購入する

鉢植えのものを用意しておくのもひとつの手段でしょう。
庭のある方なら、毎年のことなので、植えてしまってもよいかもしれませんね。

造花を準備する

近頃の造花はよくできているものが多いので、造花を準備することも検討しましょう。
100均でも売られている場合がありますし、
造花専門店なら、組み立てて使える笹も入手できるようです。
チェックしてみてくださいね。

まとめ

以上、七夕の笹の上手な水揚げ方法、長持ちさせる方法と
枯れたりしおれたりするのを避ける方法でした。

笹は、一度枯れると挽回できません。
しおれてしまうまえに是非実行してみてくださいね。

今年の七夕の笹は、綺麗な状態で飾り付けできるといいですね!

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る