離婚の養育費体験談!強制執行の準備や離婚調停で弁護士は必要?

なかなか夫が離婚の養育費を支払うとしない。
そこで強制執行を視野に入れるまでの経緯を先回までの
記事に書きました。⇒ http://kininaruinfo.net/1666.html
いよいよ強制執行の準備!

その前に、離婚調停や養育費調停などは家庭裁判所で月1回のペースで行われます。
言葉は悪いですが、根ほり葉ほり聞かれたり、細かく説明したりとなかなか精神的にも大変です。

またテレビなどで離婚調停などのコーナーを見ていると弁護士へ依頼しているケースもよく見られます。

養育費を決める場合、自分一人では思い通りにならないかもしれないと不安になったとき、どうしていくのがいいのか。

私の経験を書いてみます。

スポンサードリンク

離婚の養育費体験談!強制執行の準備や離婚調停で弁護士は必要?

私も最初は一人で離婚調停をやると決意はしたものの、やっぱり右も左もわからない法律の世界なので弁護士さんに相談し、そして依頼しました。

安くはなかったですが、安心感はありました。

養育費を調停で決める場合、離婚調停、養育費調停などという形で話し合いを進めていくことになりますが、弁護士に依頼した方が良いかどうか、少なからず考えると思います。

私は離婚調停の段階で弁護士に依頼しました。

初めから弁護士に依頼するつもりはなかったのですが、何せ家庭裁判所に赴くことなど一生無いと思っていたくらいですから、いろいろと不安だったんですよね。

どうやって離婚調停を始めるのか、どうやって離婚調停を進めるのか、どうやって養育費や面会の取り決めをするのかなどなど。
結婚や出産、子育てなどと違って周りに経験者がたくさんいるわけでもなく、軽々しく聞けることでもないので…。

そこでまずは弁護士による無料相談か30分程度の有料相談を受けてみることにしました。

無料相談なら法テラスか住んでいる自治体の相談会ですね。
自治体の相談会は、市区町村の役所に確認してみてくださいね。
私の住むところでは区役所で平日月曜から金曜の午後に弁護士の相談会を実施しています。

■法テラス
http://www.houterasu.or.jp/service/fuufu_danjo_trouble/youikuhi/

養育費だけならこんなところもありますね。
■養育費支援相談センター
http://www.youikuhi-soudan.jp/

東京都にお住まいの方なら…。
■東京都ひとり親支援センター はあと
http://www.haat.or.jp/category/1907040.html

さて私はというと、近所の弁護士事務所の30分5000円の法律相談を受けました。

理由は2つあり、1つは平日が仕事であるため、仕事帰りに立ち寄れる弁護士事務所にしたかったことと、もう1つは無料の相談会だと親身に話を聞いてくれないとインターネットの口コミに書いている人がいたからです。

後者の方は本当かどうか定かではないのですが、とにかく早く話を進めたかったのもあり、弁護士事務所に予約の電話をして概要を聞いてもらいました。

スポンサードリンク

離婚に至るまでの概要をざっくり、現在のお互いの年収、子供の有無などを話しました。

その法律相談から、私のケースは恐らく離婚調停でも長引くことが多いと言われ、弁護士に依頼しようと決めました。

離婚調停で弁護士に依頼をしようとしている方へ1つアドバイスをするのであれば、「離婚に強い」弁護士さんか弁護士事務所に依頼してくださいね(経験者は語る…)。
離婚で養育費未払いを経験した私!公正証書と調停調書や履行勧告について

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る