足の臭いは重曹?ミョウバン?重曹効かない?意外な結論!

足の臭いをどうにかしたい!確か重曹やミョウバンが効くって聞いたことがあるけど。。。。どっちの方が効果があるの?というアナタ。

足の臭いには重曹?ミョウバン?どちらが効果があるのか、重曹の注意点、そして意外な結論(笑 などを書いてみました。

スポンサードリンク

足の臭い対策には重曹?

重曹はアルカリ成分を含んでいます。足の臭いの原因と言われる、納豆のようなニオイは「イソ吉草酸」と言う物質。この「イソ吉草酸」は、足にいる細菌(皮膚常在菌)が汗や角質を分解した時に発生するニオイで、弱酸性です。そこで弱アルカリ性の重曹を使ってケアすると中和して臭いを消してくれると言うワケです。

また、重曹には吸水効果もあり、ムレて臭くなった足の汗(水分)を吸着してくれる働きがあります。

そこで、重曹で作ったシューキーパーを靴に詰めておくのも効果的。1日履いた靴は何とも言えないニオイを放っていますよね。要らなくなったストッキングを二重にし、重曹を入れて結びます。これを靴の中に入れて置くだけでOK!驚くほど効果を発揮します。

注意点

重曹は強い洗浄力があるため、皮膚をアルカリ性にしてしまいます。重曹を足に塗ったり、重曹で足湯をするなど長く使い続けると、アルカリ性の環境を好む皮膚の常在菌が繁殖して、ますます足の臭いをキツくしてしまう可能性もあります。

足の臭い対策にはミョウバン?

では、ミョウバンは足の臭いにどう効くのでしょうか。ミョウバンは自然物としても採取されるので、漬け物などにも使われますし、デオドラントケアにはミョウバンが使われているものがたくさんあります。

このミョウバンは、水に溶けると弱酸性になるので、アンモニアなどのアルカリ性のニオイ成分に対する消臭作用があり、足の臭いが酸っぱい!?アンモニアのようなニオイがすると言う方には、中和反応によって抜群の消臭効果を発揮します。

ミョウバンには収れん作用もあり、足の臭いの原因となる成分の含まれた汗を抑えてくれるので、菌の繁殖を防ぎ足の臭いも抑えることが出来ます。

スポンサードリンク

足の臭いに重曹が効かない!?

重曹を使ってケアしても足がクサイ!!と言う方は、アンモニアなどのアルカリ性の物質が原因になって足が臭っているのかもしれません。この場合、重曹では消臭されにくいので、効果がないと感じる方も。ちなみにアンモニア由来の汗は、ストレスや疲れなどにより発生します。

重曹には、強い消臭作用がありますが、臭いの原因菌の繁殖をストップさせるのは、ミョウバンの方が効果があります。

まとめ

じゃあ、重曹とミョウバン、足の臭いにはどちらを使えばよいの?と言うことですが、答えはどちらも!です(笑)
アルカリ性の重曹で汚れや臭いを落とし、酸性のミョウバンで肌を弱酸性にすることで細菌の繁殖を抑えることができます。ですので、どちらが効果的?と言うよりは、一緒に使った方が良いと言うのが結論です。

関連記事
>>足が臭い原因は?女性編 消す方法は?強烈な臭い対処法!

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る